高額療養費制度を利用する際には、事前申請(限度額適用認定証を発行)と事後申請があるという事を以前書きました。
 
 
高額療養費制度が分からないと言う方はまずはコチラ。


 
 
例えば、100万円の医療費の場合は3割負担で30万円です。
高額療養費制度の事後申請の場合は、病院の窓口でこのまま30万円支払います。
 
 
文字通り30万円支払うことになり、後ほど高額療養費制度の事後申請によって、お金が戻ってきます。
 
 
じゃあ、いくら戻ってくるのかというと、一般的な家庭として3番の(区分ウ)で説明します。
 
kougakuryouyou
 
 
(区分ウ)の計算式に当てはめると
80,100円+(1000,000円 – 267,000円)×0.01=87,430円
つまり、事後申請することで300,000円(病院窓口支払)- 87,430円(計算式)=212,570円は後ほど戻ってきます。
 
 
事前申請の場合は、「限度額適用認定証」を発行し、病院窓口で提示することで87,430円の支払いになります。
 
 
まとめると以下になります。
 
事後申請では、病院で300,000円の支払い。
事前申請では、病院で87,430円の支払い。
 
 
この支払いを現金でなくクレジットカードで支払います。
 
 
1.5%還元のクレジットカードを使った場合。
 
 
300,000円支払い×0.015=4,500円
87,430円支払い×0.015=1,311円
(87,400円で計算)
 
 
事後申請のほうが、3,189円の節約ができるという事になります。
 
 
医療費の支払総額87,430円は最終的には同額ですが、一時的に多く支払うことでクレジットカードのポイントを多く貯めることが出来るということです。
 
 
ただし、病院での支払いにクレジットカードが使用可能という事が大前提です。
 

スポンサーリンク

月をまたがないことが最重要。緊急時は仕方ないけれど。

 
calender
分かりやすいように、100万円でもう一度説明します。
 
 
3番の(区分ウ)の人は高額療養費制度を使う事で87,430円です。
ただし、これは月の始まりから終わりの一ヶ月単位の計算です。
 
 
例えば、二ヶ月にまたがって50万円、50万円が掛かったとします。
 
 
この場合には、ひと月分の計算が以下の通りです。
80,100円 +(500,000円 – 267,000円)×0.01=82,430円
 
 
これがふた月分なので、二倍の164,860円の負担です。
 
 
一ヶ月でまとめると87,430円なのに、月をまたぐと164,860円!
 
 
2倍近く!
 
 
入院や手術の際に医師と日程の相談になる場合は、この当たりも頭に入れておくとかなり負担が軽くなります。緊急の病気や手術の事はどうにもならないこともあると思いますが、できる事なら月をまたがないようにしたいところです。
 
 
家族で医療費を合算する場合も、都合よく同じ月にまとめられると費用は圧倒的に抑えられます。
 
 
自分が当事者になると、なかなかそこまで頭がまわるとは思えませんが一つの知識として知っておきましょう。

その他、介護保険が使える場合もあります。

末期がんの場合は介護保険が使える場合があります。
 
 
末期がんの場合は日常生活が困難になり、介護サービスを利用することも出てくる可能性があります。もし、介護保険が使える場合は、自己負担が僅か1割とかなり負担が少なくなります。
 
 
これも、知っておくべき情報の一つです。

さいごに

高額療養費制度は必ず知っておきたい制度です。
 
 
事後申請にして、一時的に窓口で3割負担することでクレジットカードの還元ポイント分が節約出来ます。
 
 
高額な医療費ほど節約できる金額は大きくなりますが、金額が大きすぎる場合はクレジットカードの限度額を超えてしまう場合があります。
 
 
この点は注意しなければなりません。
 
 
また、病院関係の領収書は大切に保管しておきましょう。