白ロムとは何かをもう一度簡単におさらいすると
 
 
回線契約されていない本体(端末)で、SIMカードが抜かれた状態のモノです。
 
主に中古でこのSIMを抜いた状態の端末の事を指します。
 
 
中古で手に入れた白ロムに格安SIMを挿して使う事が可能ですが、今日は白ロムを使う際に注意することを調べてみました。
 
 
格安SIMや格安スマホ、SIMロックやSIMフリーがまだ分からない人は先にコチラを参照に。
 


 

白ロムの中でもauの端末は初回購入時のSIMしか使えないものがあります。

auの白ロムの場合は初回購入時のSIMしか使えない場合がありますが、これをICロックといいます。
 
もしICロックが掛かっている端末の場合は、SIMカードがauであっても使えません。
 
ICロックが掛かっている場合はauのショップでロック解除出来ますが手数料が発生します。
 

スポンサーリンク

 

白ロム購入の前にまずはSIMカードの種類をチェック。

SIMカードには3種類あります。
 

  • 「標準SIM」    1番大きい  15mm×25mm
  • 「マイクロSIM」  真ん中サイズ 12mm×15mm
  • 「ナノSIM」   1番小さい   8.8mm×12.3mm

 
sim_card
 
端末が進化するにつれてSIMはミニ化しています。
 
 
古いスマホや格安スマホでは「標準SIM」の場合があります。
 
 
比較的新しい端末の白ロムを選ぶ場合は、もしかして「ナノSIM」かな~と思って確認すれば早いと思います。
 
 
今後は「ナノSIM」の機種が増えていくと思いますので、まだこれから格安SIMを契約すると言う人は「ナノSIM」を選択するのが無難と言えます。
 
という事はまずは自分が使うSIMカードが何なのかを知ることから始めなければなりません。

SIMと端末のサイズが合わない場合。

機種を変えたいけど欲しい端末がどうしてもSIMが合わない場合や、その他にも色々な理由でサイズ違いのケースも出てきます。
 
この場合は端末を合うものを選ぶか、SIMを合うものに変更するかどちらかの選択を迫られます。
 
 
端末を合うものを選ぶという選択は文字通りそのままです。
使いたい機種を諦めて今持っているSIMが対応している機種を選びます。
 
 
もう一つはSIMカード自体を変更する方法です。
 
 
これには2つの方法があります。
 
 
まず1つは契約先の会社で「SIMカードのサイズ変更」を申し込む方法です。
この方法が無難な方法です。
 
 
手数料が2,000円ほど掛かりますが格安SIMでも大手の3キャリアでも変更可能です。
 
 
※変更のみは出来ずに、新規で「他サイズを契約」しか出来ないMVNO(格安SIM)をあるので確認が必要です。
 
 
またネットで申し込みした場合は、希望サイズのSIMへ情報が載せかえられた時点で手持ちのSIMが使用できなくなります。
 
 
新しいSIMが届くまでの数日はスマホが使用できなくなるので注意です。
 
 
実店舗があるMVMO(格安SIM)の場合は店舗で即日可能です。
 
もう一つが「SIMアダプター」というキットでSIMカードのサイズを変更できます。
 
 
これは小さなSIMに部品をつけてサイズを無理やり大きくするキットです。
一応販売されていますがよっぽどの事が無い限りは使わないのが無難です。
 
 
完全自己責任での使用になります。

赤ロムというモノを掴んでしまった場合は。

白ロムは、主に中古で手に入れることになりますが、前の所有者に状況によってキャリア側(携帯会社)で端末に利用制限などのロックを掛けてしまう事があります。
 
 
どういう事かと言うと
 
 
窃盗、詐欺に関わる端末、もしくは前所有者が端末の分割代金の支払いが終わらないうちに支払いを辞めてしまった場合。

 
要するに不正や犯罪の可能性のある端末にはキャリア側で通信制限を掛けてしまう状態です。
 

これが赤ロムです。
 
 
特に中古の白ロムの個人売買などは赤ロムか否かは判断する術をもちませんので注意が必要です。
 
warumono
 
白ロム専門業者から購入する場合も「赤ロムだった場合」などの返金対応や補償は確認しておくべき事項です。

最後に

格安SIMを使うために白ロムを購入する場合も出てくると思いますが、赤ロムを掴まないためにも万が一の事も想定しておく、もしくは知っておく事が大切です。
 
また中古で白ロムとして購入したiPhoneの場合は、アクティベーションという使用を開始するための初期設定を行う必要があります。
 
 
アクティベーションにはWi-Fi環境もしくは、最新のiTunesに接続して行います。