先日のソフトバンクの通信障害でスマホが1日使えず大変な思いをしました。
 
 
電話は勿論、メールもラインもアプリも何も使えない状況でした。
 
 
ライブや飛行機の電子チケットが表示できなかったりと大混乱だったようです。
仕事で使う方は影響が大きかったようですね。
 
 
まさか、ソフトバンクたった一社の通信障害でこんなにも、日本中が混乱するとはきっとほとんどの人が予想していなかったでしょう。と言っても、ソフトバンクユーザーは4,000万人らしいので、日本の人口の3分の1にもなります。
 
 
じゃあ、これが地震などの災害で大手キャリアに全部障害が起きたらと考えると恐ろしいですね…
 
 
日本終わった…状態。
 

スポンサーリンク

 
さて、そんなソフトバンクの通信障害の中、僕はスマホを2台持っていたので助かりました。
 
 
一台は、ソフトバンク、もう一台はLINEモバイルです。
 
 
LINEモバイルは、回線をドコモとソフトバンクで選べるのですが、僕はたまたまドコモにしていました。
 
 
ソフトバンク回線へ変更する予定でしたが、そのまま放置していたのが良かったです。
 
 
と言うわけで、通信障害中はドコモ回線のLINEモバイルが活躍しました。
 
 
例えば、ラインモバイルは通話無しの「データ」のみでしたら500円から持つことが出来ます。
 

 
 
そして、主要SNSはデータフリーなので通信量を消費しません。
 

  • ライン
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • インスタグラム
  •  
     
    データのみといっても、ラインの通話を使えば一応電話もできます。
     

     
    他にはこちらも参照。


     
     
    仕事でライン通話での電話を使う人は少ないかもしれませんが、重要なタイミングで全く音信不通になるよりは、メールなりラインなりで連絡を取れた方が安心に決まっています。
     
     
    他には、今は「データを使う通話アプリ」も沢山出ていますの通話プランが無くても通話は可能です。
     
     
    ちなみに、今ってメールやラインで連絡取れないと、人と待ち合わせをしていても会うことすら出来ない時代になってますよね。
     
     
    という事で、通信障害や災害が起きた時に心配な人はサブのスマホとして格安スマホを持っておけば、いくらか安心です。
     
     
    LINEモバイルなら、今各種キャンペーンもやってるので興味があれば一度見てみてください。
     
     
    もし、サブスマホ持つならば、回線は必ず1台目とは別の回線を選びましょう。
     
     
    おまけ。
    日本はHuaweiを排除していくみたいですね。
    端末を分解すると「余計なもの」が見つかったらしいですが、やっぱり中国は怖いですね…
    個人情報や通話記録でも盗むつもりなのでしょうか。