今まで電気代の支払いは、口座振替にしていました。
 
 
これでも口座振替割引が適用されていましたので毎月54円、年間で648円節約になっていました。
 
 
しかしこのブログを始めたのを機会に、楽天カードでの支払いへ変更しようと思っています。
 
 
楽天カードで支払いする予定なので1%の還元率です。
 
 
つまり楽天カードで支払う場合、月に5,400円使うと口座振替割引と同様の54円分のポイントが付与されることになります。
 
 
継続して毎月5,400円以上使用している場合は、確実に口座振替よりも楽天カードでクレジット支払いをしたほうがお得という計算になります。
 
 
ただ、電気代は夏や冬に一気に上がり、5,400円を上回ることは簡単ですが、春や秋もしくは単身世帯や二人世帯の場合は5,400円を下回る月も出てきます。
 
 
その場合は5,400円×12ヵ月 合計64,800円
 
 
還元率が1%のクレジットカードを使用する場合に、年間64,800円を上回って電気代を支払っていれば口座振替の割引の年間648円に負けません。
 

スポンサーリンク

電気代の年間の支払額を実際に調べてみました。

みつお家の一年間の口座振替での金額です。
 

支払月 支払料金 1%還元カード 1.5%還元カード
2015年6月 3,284円 32円 48
2015年7月 3,573円 35円 52円
2015年8月 5,995円 59円 88円
2015年9月 4,330円 43円 64円
2015年10月 3,693円 36円 54円
2015年11月 3,712円 37円 55円
2015年12月 3,816円 38円 57円
2016年1月 5,960円 59円 88円
2016年2月 8,644円 86円 129円
2016年3月 6,358円 63円 94円
2016年4月 8,084円 80円 120円
2016年5月 4,812円 48円 72円
年間総額 62,261円 616円 921円

※100円未満切捨てになるのでクレジット割引額は年間支払総額の1%では有りません。
年間支払総額62,261円となり平均して5,188円となります。
 
 
赤文字のところは口座振替の割引金額54円よりも低い数字です。
 
 
なんと、みつお家では年間で5ヶ月しかクレジットカード支払いで有利になりません。
 
 
はっきりと夏と冬でエアコンを使った結果が出ています。
 
 
1%還元のクレジットカードの総額で見ると648円(口座振替年間割引総額)-616円(カード還元年間総額)=32円差!
 
 
口座振替の方が、今のところはお得という結果になりました!
 
 
これは自分でもびっくりです、断然クレジットカード支払いがお得だと思っていました。
 
 
思いのほか、毎月の電気代がそもそも安く抑えられていました。
 
 
僕も妻も仕事していましたので、日中は家をあける事も多かったのですが、今は自宅に居ることが多くなった為、今後は電気代があがる事が予想されます。
 
 
そして1.5%還元のクレジットカードで支払った場合は、単月で見ると二ヶ月のみ54円を下回りますが、年間を通してみると今の状況でも既に口座振替割引よりも有利になります。
 
 
僕は今、色々計画していることがあって冬に1.5%還元のカードを作る予定です。
 
 
そのカードが出来た際には電気代を1.5%還元のカード払いにしたいと思います!
 
 
ちなみにもし0.5%の還元カード場合は月に10,800円使ってようやく54円の還元です。年間129,600円を使ってようやく口座割引同様の648円の還元になります。
 
 
家族が多い場合にはこの金額をすぐ超えると思いますが、出来るだけ還元率の高い、最低でも1%以上のクレジットカードで支払いをしたいものです。

電気料金をnanacoで支払うことで節約が出来ます。

現在、コンビニで電気代を支払っている人も多いと思います。
 
 
口座振替に変更するのも、クレジットカード支払いの手続きも面倒だという人の場合は、コンビニ払いでも節約する方法があります。
 
 
それがnanacoを使った支払いです。
 
nanaco
 
nanacoへチャージしたクレジットカードの還元分がそのまま節約になります。
 
 
年間の支払いをいちいち計算する気にはなれないし、でもとりあえず何か節約はしておこうと言う人はnanacoでの支払いがオススメです。
 

まとめ

今回の記事は、僕の住んでる地域の東京電力の口座振替割引54円を適用した場合を元に計算しました。
 
 
誤差はありますが全国ほぼ54円です。
 
 
若干ですが割引金額が異なったり、そもそも口座振替でも割引が無い地域、北海道電力、東北電力、沖縄電力もありますので、まずはお住まいの地域の割引金額をチェックしてみてください。
 
 
もしも口座振替割引が無い場合は、有無を言わさずクレジットカード払い、もしくはnanaco払いです。
 
 
1%還元のクレジットカードを使った場合、月に5,400円以上、年間64,800円以上支払っている場合は口座振替よりも安くなります。

0.5%還元のクレジットカードを使った場合、月に10,800円以上、年間129,600円以上支払っている場合は口座振替よりも安くなります。
 
 
さらに
1.5%還元のクレジットカードを使った場合、月に3,600円以上、年間43,200円以上支払っている場合は口座振替よりも安くなります。
 
 
電力自由化も始まりましたので、今後は多種多様の割引が出てくると思いますので今後も調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ