nanacoへチャージ出来るクレジットカードで、現在最も還元率が高いものがリクルートカードで1.2%です。
 
 
しかし、それも月間30,000円までの制限が出来ました。
 
 
この対策として、僕はリクルートカード2枚持ちにする事にして、今回2枚目を作ったというわけです。
 
 
一枚はJCB、そしてVISAです。
 
 
これで合計60,000円まではチャージによる1.2%還元が可能です。
 
 
これから、保険料やその他税金の支払いが始まるので、早めに準備をしました。
 
 
リクルートカードにはブランドがMASTERもありますので、もしかしたら更にもう一枚も可能なのかもしれません。
 

スポンサーリンク

nanacoへチャージを可能にするには本人認証が必須。

何度か記事に書いていますが、nanaco初心者は結構ぶつかる壁です。
 
 
それがクレジットカード側での本人認証です。
 
 
nanacoへ登録する前に、クレジットカード側での本人認証を済ませておかなければ永遠にnanacoにクレジットカードを登録できません。
 
 
ちょっと詳細は忘れましたがエラーだか何だかの表示がでます。
 
 
という事で、僕も今回のリクルートカードVISAでの本人認証を先に済ませました。
 
 
ちなみに、本人認証を済ませずにnanacoへ登録しようとしましたがやっぱり出来ませんでした。

リクルートカードVISAの本人認証する方法。

検索する方法は色々あると思いますが、僕は「リクルートカード VISA 本人認証」で検索しました。
 
 
「MUFGカード 本人認証サービス」が出てくるので、このページへ行くと以下の画面が出てきます。
 

 
 
あとは、このまま「新規ID登録する」で必要事項の入力をすればOKです。
 
 
登録が完了したら、本人認証が完了します。
 
 
これがログインした画面です。
 

 
 
左メニューの「各種お申し込み」という所に「本人認証サービス」が出てきます。
 
 
登録完了したら、既に本人認証は出来ているので特に触る必要はありません。
 
 


まとめ

リクルートカードVISAを作り、僕もついに2枚持ちになりました。
 
 
これで、月額のチャージ限度額は60,000円です。
 
 
まだまだ足りない気もしますが、暫くこのままで行こう思います。
 
 
nanacoへクレジットカードを登録する際には、本人認証を先に済ませることをお忘れなく。
 
 
初心者の人は特に重要です。
 
 
ラインペイも改悪になりそうだし、今後も色々と使い方が変わってきそうですね
 
 
最新情報は引き続きチェックしたいと思います。
 
 
追記:2018年4月10日
会員サイトの初回ログインIDとパスワードがハガキで送られてきました。
急ぎじゃない人は、このハガキの到着を待ってから本人認証でもいいと思います。
なお、僕のように先にIDを作った人は、送られてくるハガキは無効になるようです。