僕は髪の毛をかれこれ7年ほど自分で切っています。
 
 
そうです、0円です。
 
 
道具代はちょっとかかっています。
 

  • 普通のハサミ
  • すきバサミ
  • バリカン
  • ヘアカットコーム

 
今までこのようなものを買ってきました。
 
 
総額でも5,000円ほどです。
 
 
一気に買い揃えたのではなく、必要になったので徐々に買い揃えていった感じです。
 
 
その殆どは安いものですし、先日の記事の無印良品でのレシートにも写っていますが、すきバサミは二代目になりました。
 


 
一代目のすきバサミはかなり安かったので、切れなくなってしまった為に買い換えました。
 

スポンサーリンク

美容院へ行くのが苦手な人は意外と多いのです。

僕はそもそも節約が目的ではありませんでした。
 
 
美容室へ行くのが面倒だし、あの店員さんとのやりとりも好きでは有りません。
 
 
それに必ず自分が思い描いた感じにはならないからです。
 
 
毎回、「切りすぎたな~」とか「ここはもう少し短かったらなぁ~」とか思ってました。
 
 
その度に、結局は自宅で前髪などを少しずつ切っていました。
 
 
前にサイドをツーブロックにしていたのですが、ツーブロックの場合はすぐにサイドが生えてきてしまいます。
 
 
でも、ツーブロックのところだけをわざわざカットしに行き、それだけで何千円も払うってモッタイナイですよね。
それで友達がやっていたのを思い出し、僕もバリカンを買ってサイドだけ刈り込むことにしました。
 
 
「なんだ、行けるじゃん、じゃあ今後は自分で切ろう」という事になったのです。
 
 
サイドが上手く切れるようになると、今度は上も後頭部も切りたくなるわけで、そうやって少しずつ自分でカットするようになり、今では全てを自分でカット出来るようになりました。
 
 
恐らく、全く経験のない人がいきなり自分で全てカットすると失敗する可能性も高くなると思います。
 
 
僕も小さな失敗を繰り返して、なんとか今のレベルまで到達しました。
と言っても美容師さんが見たらばれると思いますが…
 
 
初心者の方はヘアカットコームというものが、かなりオススメです。
 
 
櫛のようにとかすだけで、髪の毛をすいて切る事が出来るので凄く簡単です。
 
 
僕も初めはこればかり使っていました。
 
 
慣れてきて満足出来なくなれば、ようやくスキバサミという段階を踏むと失敗が少ないです。
 
 
襟足を揃えるのだけは難しいので、今は妻に揃えて貰っています。

妻の髪の毛もカットに挑戦。

 
okusan
 
今まで僕が「切ってあげるよ」と言うと嫌がっていた妻ですが、ついに先日僕のカットを受け入れました(笑)
 
 
腰上まであった髪が一気に肩のすぐ下までの長さなりました。
 
 
自分の髪の毛と違って失敗することは許されませんので、少しだけプレッシャーを感じつつ、スキバサミを駆使することで初めてにしてはなんとか上手くいきました。
 
 
ゆくゆくはショートにしたいらしいのですが、僕がそこまで女性の髪を出来るのかは正直わかりません(笑)
 
 
自分の頭なら失敗も笑って済まされますが…
 
 
でも昔は、小さい時ってよく母親にみんな切ってもらっていませんでしたか?
 
 
僕の家庭だけでしょうか。

美容院を今より安いところへ変えると大きな節約になります。

自分でカットなんて面倒だし、失敗が怖いという人は美容院を変更するだけでも大幅な節約になります。
 
 
今は1,000円でカットが出来る時代です。
 
 
カットのみでも普通の美容室では3,000円~6,000円程します。
 
 
1,000円カットでは無いにしても少し安いところへ変更するだけでも美容院代はかなり節約出来ます。
 
 
技術力の差や、シャンプーの有り無しなどの差は確かに有ると思いますが、例えば3回に一度は今よりも安い美容室へ変えることで節約出来ます。
 
 
これを年単位で計算すると10,000円の節約も可能です。
 
 
美容院代はサクっと大幅に節約が可能なのです。

カットモデルで美容院代を節約。

「カットモデルなんて街で声をかけられた人だけでしょ?」
 
model
 
なんて事を思うかもしれませんが、美容師さん、もしくは美容師さんのたまごとカットモデルをマッチングするサイトやアプリがあります。
 
 
以下のサイト、アプリを使うことでカットやカラー、パーマなどを格安で、もしくは無料で出来ることがあります。
 

  • CUTS(カッツ)は主に関東圏でのマッチングを検索できるサイトです。
  • CUTTALOCA(カッタロカ)500円でカットが出来その他も格安で探せるサイトです。
  • Nutts(ナッツ)美容師さんとカットモデルのマッチングサイトです。
  • ミニモ(minimo)全国どこでも使えるアプリです。
  • カトモ(Cutmo)美容師さんとカットモデルのマッチングアプリ

 
主に関東圏のものもありますが全国区のものもありますので、どこかできっとマッチングできるはずです。
 
 
僕は今では完全に自分でカットしている為、使ったことはありませんがいつか機会があれば一度は使ってみたいものです。
 
 
そして万が一、僕が妻の髪の毛をカットして失敗してしまった際には、妻にもこれをオススメしたいと思います。

まとめ

美容院代は最も大きくコストカット出来るのでかなりオススメです。
 
 
最安では1,000円でカット出来るところもありますし、カットモデルになることで格安、さらには無料でカットやカラー、パーマまでも出来ます。
 
 
自分で徐々にカット出来るようになれば一生0円になりますが、これには徐々に慣れて行く事が必要です。
 
 
ちなみに僕と妻は天パの為、少々の失敗でも分かりにくいですが、直毛の人の場合は失敗すると分かりやすいので気をつけてください。