国内の個別銘柄株を売却しました。
 
 
結構大きな金額だったのでスッキリしました。
 
 
銘柄はタイトルにあるように「くらコーポレーション」
です。
 
 
くら寿司を展開している会社です。
 
 
一時期は確か60,000円以上プラスになったのですが、そこから急降下で一気にマイナス30,000円以上になったのです。
 
 
以前も、ずっとマイナスだったのでそこまで気にしていませんでしたけどね。
 
 
また、回復するだろうという気持ちで待っていましたし。
 
 
そんな「くらコーポレーション」ですが、マイナスからプラスに転じて、少しだけ利益が乗ったところで決済しました。
 
 
「利益があまり伸びなかった」というよりも意図的に早めに売却しました。
 
 
もう少し待てば、伸びていたかもしれません。
 
 
5,400円で売却。
 
 
100株なので約540,000円の資金が解放されたという事になります。
 

スポンサーリンク

余裕資金は仮想通貨へ割り当てる予定。

さて、540,000円が解放されたわけですが、この資金は仮想通貨の購入にあてます。
 
 
僕の中では、これで最後の仮想通貨の買い付けになるのかなと思っています。
 
 
僕は、やっぱり仮想通貨はまだまだ怖いので、そこまで資金を割りあてるわけには行きません。
 
 
あくまで、万が一の「まるまる無くなっても許容できる範囲内」でやる事にしています。
 
 
勿論無くなったら痛いですよ。
 
 
全く痛くも痒くもない訳がありません。
 
 
なくなっても生きていけますし、諦められる範囲です。

SBIバーチャル・カレンシーズで口座を開設後すぐ買います。

まもなく、SBIバーチャル・カレンシーズの仮想通貨取引口座がスタートとします。
 
 
この記事を書いている時点では、優先予約分の口座しか開設出来ないようになっています。
 
 
申し込みが殺到したためのようです。
 
 
僕は予約スタートしてすぐに申し込みをしましたので、リリース次第すぐに始められそうです。
 
 
もし、仮想通貨の取引をSBIバーチャル・カレンシーズでやってみたいという人は少し待つことになると思います。
 
 
僕も当初は、SBIバーチャル・カレンシーズがリリース後に仮想通貨を始める予定でしたが、その少し待っている間にも値上がったら悔しい気持ちになってしまうと思いcoincheckで取り急ぎ始めてみました。
 
 
いいのか悪いのかは今のところ分かりません。
 
 
SBIバーチャル・カレンシーズで口座開設して、すぐに仮想通貨を約50万円分購入する予定ですが、それまでなんとか今よりも値上がりしないことを祈るばかりです。
 
公式サイト
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

おわりに

国内株の個別銘柄を一つ処分して、残りは2つとなりました。
 
 
今回は急いで売却したため、長く保有していた割りには10,000円ほどのプラスで終了です。
あとは優待券も貰ったし、お寿司を食べにいけるので良しとします。
 
 
国内株を今年中に全て売却することは難しいですが、今後は「ゼロ」にする予定です。
 
 
こんなに日経平均凄くいいのに、一つの銘柄はひたすらマイナスなのです
 
 
ここ最近、仮想通貨に熱くなっている僕ですが、今後も無理の無い範囲でやっていこうと思っています。
 
 
あと、投資系の話に興味の無い方ごめんなさい。