今日は、不動産についてです。
 
 
ちなみに不動産投資の話ではありません。
 
 
不動産投資は凄く興味ありますけどね。
 
 
物件を購入出来ないにしてもREITとか。
 
 
でも今日はそういう話ではありません。
賃貸で物件を借りる際の話です。
 
 
もし、あなたが今後引越しの際にでも覚えていたら「初期費用抑えられるかもよ」という話です。
 
 
さて、
 
僕はここ最近、賃貸物件をずっと探していました。
 
 
以前の記事では「どこの不動産屋さんに行っても見れる物件は同じ」という事や「仲介手数料がタダ」の話などをしました。
 


 
 
今回僕は、色々考えたうえで以前の記事に書いた「仲介手数料がタダ」の不動産屋ではなく「仲介手数料が家賃の一ヶ月分」の不動産屋さんで契約をする事にしました。
 
 
初期費用の負担が増える不動産屋さんでわざわざ契約したという事です。
 
 
結果的にはこれで良かったと感じています。
 
 
親身になって進めてくれる担当の方だったので今回は満足しています。
 

スポンサーリンク

家賃保証会社の金額を安く出来る場合があるよ!

僕が借りる物件では、必ず保証会社をつける必要があったのですが、金額が家賃の一か月分でした。
 
 
結構高いですよね。
 
 
初期費用に丸々家賃一か月分が上乗せされるわけですから。
 
戻ってくるお金でも何でもありません。
 
 
そこで、不動産屋さんが管理会社と交渉してくれて「安く抑えられる保証会社」を使えることになりました。
 
 
家賃の半額でいける保証会社です。
 
 
結局、僕の場合は家賃一か月分の80%の金額になりました。
 
 
保証会社からスマホに電話が掛かってきた時に、僕の受け答えが下手だったからかな
 
 
保証会社へ審査を通す際には、不動産会社の担当の方ときちんと打ち合わせした方がいいですよ。
 
 
こう聞かれたらこう答える。
こういう質問されたらこう答える。
 
とかね。
 
 
シミュレーションしておくのは凄く重要だと感じました。
 
 
僕もうまく受け答えが出来ていたら、もしかしたら半額でいけたかもです。
 
 
80%でも数万円の費用節約になりましたけどね。
 
 
という事で、保証会社一つにしても結構節約できる場合があるという事ですね。
 
 
きっと、何も頑張ってくれない不動産屋さんだったら僕はこのまま家賃1ヵ月分での契約になっていたと思います。

初期費用をクレジットカードで払えるところがいい!

僕は今回初期費用約90万円ほどをクレジットカードで支払いました。
 
 
1.5%のクレジットカードなので約13,500円の節約が出来ました。
 
 
不動産会社は、クレジットカードを導入するとクレジットカード会社から結構な手数料を取られます。
 
 
しかしその分、クレジットカードで支払いたいお客さんが集まるという事です。
 
 
僕みたいな人。
 
 
不動産の初期費用は結構な大金ですので、クレジットカードで支払い可能な不動産会社は非常に助かります。
 
 
物件はどこの不動産会社でもほぼ同じ物件を提示されます。
それならクレジットカードで支払い可能な会社を選ぶことで節約出来ますよ。
 

ラインでやり取りする時代みたい…

僕は久しぶりに賃貸物件を契約しました。
 
 
今ってラインでやり取りするものなのですね。
 
 
個人同士のアカウントで。
 
 
個人同士のアカウントってコンプライアンス的にどうなんだろうとは思いましたけど。
 
 
だって支払い請求書のPDFとかクレジットカードの支払いURLもラインで送られてきましたから。
 
 
ここのURLから進んで決済をしてくださいって。
 
 
まあいいのかな
 
 
ちょっと神経質な人だったらこれ気になるかもですね。
 
 
正式な書面での契約はその後きちんと交わしましたけど。

おわりに

物件を借りる際に、頑張ってくれる不動産屋さんに出会うと初期費用が結構節約出来ます。
 
 
やっぱり親身になってくれる人が絶対いいですよ。
 
 
あとは先に「初期費用は出来るだけ抑えたい」という事はアピールしておくといいですね。
 
 
僕の担当の方は、他にも「外せるものははずしましょう」という事で契約時のオプションはいくつか外してくれました。
 
 
携帯の契約の時に入れられるオプションのようなものです。
 
 
僕が今回契約した不動産屋さんは「仲介手数料がタダではない」業者さんですが、担当の方が素敵な方で今後も何か繋がりそうな方だったので契約しました。
 
 
もし、ただ単に初期費用を抑えたいという人の場合は、勿論「仲介手数料がタダ」の不動産屋さんがいいですよ。