お買い物する時にいつも同じクレジットカードで決済して、ポイント貯めてるし「るんるん♪」と満足してませんか?
 
 
僕はクレジットカードは複数枚持っていますが、使う場面によって、クレジットカードを使い分けしています。
 
 
指定のクレジットカードによって大幅に割引になる場所やお店があるので、これはかなり重要です。
 
 
そして何も難しいことはありません、ネット上などの場合は一度登録してしまえば後は通常のお買い物と何も変わらないのです。
 

スポンサーリンク

楽天カードは、基本楽天市場のみで使う。

僕はネットでの買い物が多いのですが、特に楽天市場でよく買い物します。
 
 
通常、楽天カードでのポイント還元率は1%ですが楽天市場にて使う場合は平均で5倍の5%のポイント還元率です。
 
 
これはクレジットカードの還元率からしたら有り得ないほどの還元率です。
 
 
相場としては2016年6月現時点では大体0.5%~1.5%の還元率だから凄いことが分かります。
 
 
ただし、あくまで楽天カードを楽天市場で使用した場合に5%となります。
 
 
他のネットショップや、外食時に楽天カードで支払いをしても5%は還元されません、通常の1%の還元率になります。
 
 
つまり楽天カードは楽天市場で使うことで威力が発揮されます。
 
 
例外としては楽天と提携している飲食店があり、そこでお会計時に楽天カードを使用するとポイントが2倍になることがります、その場合は2%です。(お店で異なります)
 
 
また、提携のお店がキャンペーンをやってる場合になるとポイント10倍なんて時もあります!
 
 
このキャンペーンに参加するには楽天ダイニングからポチっとすればOKです。
 
 
同じパターンで楽天デリバリーというものもあります。

ウォルマートカードセゾンは西友、西友系スーパーのみで使う

西友や、西友系のスーパーでクレジットカード決済をする時には、ウォルマートカードセゾンを使います。
 
walmart
 
このカードは通常還元率は0.5%と、還元率は低いものになりますが、西友や、西友系のスーパーで使用することで3%の還元率になります。
 
 
さらに5日、20日のお買い物では5.5%の還元率です。
 
(5%割引に加えて0.5%永久不滅ポイント付与)
 
 
かなり優秀なカードであることが分かります。
 
 
ただし、通常時の還元率が0.5%のため、他のお店や外食時にこのカードで決済すると0.5%しかポイントが付きませんので、かなり損した気分になります。
 
 
勿論現金決済よりはお得にはなりますが。
 
 
僕の場合は、楽天市場では楽天カードを使い、西友ではウォルマートカードセゾンを使いわけしていますのでこのようになります。
 

カード種類 通常還元率 指定場所還元率
楽天カード 1% 平均5%
ウォルマートカードセゾン 0.5% 3%~5.5%

楽天、西友系スーパー以外で使うカード

楽天、西友系スーパー以外でカードを使うときは、何のクレジットカードを使うかと言うと僕の場合はDCカードJizileを使っています。
 


 
このカードは1.5%の還元率で楽天カードよりもお得なカードです。
 
 
例えば、病院での支払いや、楽天提携してない飲食店、その他ショッピングではDCカードJizileにしています。
 
 
学生の時に、楽器を購入するときに、分割支払いにする為、何の知識も無く初めてクレジットカードを作ったのですが、偶然にも還元率が1.5%と高いため今でも使用しています。
 
 
今後はDCカードJizileから同じ還元率の別のカードへ変える予定ですが、ここでは割愛します。
 
 
楽天カードとの差は、たった0.5%と思いますが年間でこれを続けることでかなりの差額が発生します。
 
 
年間100万使用したとしたら5,000円です!
 
 
これってかなり大きいですよね。

まとめ

クレジットカードを使ってポイントを貯める方法はカードの特性を知ることで更に威力を発揮!
 
 
使う場所によって還元率が5%~10%それ以上になる可能性もあり。
 
 
楽天市場ヘビーユーザーは楽天カード、西友、西友系スーパーヘビーユーザーはウォルマートカードセゾン、この二つは鉄板です。
 
 
楽天市場と同じような使い方で、ヤフーショッピングをよく使う人にはYahoo! JAPANカードが有ります。
 


 
「自分は楽天市場よりもヤフーショッピング派だ!」と言う人にはYahoo! JAPANカードですね。
 
公式サイト
Tポイントがザクザクたまる!
 
 
僕も一応持っています。