この時期になると固定資産税の納付書が送られてきます。

我が家にも2日ほど前に送られてきました。

koteisisan

去年までは引き落としにしていましたが、それでは通知金額そのまま支払って何も節約できない為、今年から口座引き落としを止めコンビニでnanacoでの支払いにしました。

どういう事かと言うと

nanacoにクレジットカードでチャージしてクレジットカードのポイント還元分をゲットして節約するという方法です。

ただし通常、nanacoを利用すると100円(税抜)につき1ポイントの「nanacoポイント」が、nanacoカード自体に付きますが税金の支払いの場合はポイント対象外となり、nanacoポイントはつきません。

「じゃあ、初めからコンビニでクレジットカードで払えばいいじゃん」となりますが、コンビニではクレジットカードでは払えないのです。

そこでnanacoを使って間接的にクレジットカード払いにするという方法です。

例えば、「固定資産税が10万円」だとします。

コンビニで現金で支払ったり、口座引き落としの場合はそのまま10万円を支払って資産が10万円減ってしまいます。

ポイント還元1%のクレジットカードでnanacoへチャージしてnanacoで固定資産税10万円を支払った場合、支払いで資産が10万円減ってしまいますが、1%分の千円分のポイントがクレジットカードへ付きます!

この作業をするだけで確実に1000円もゲット出来るってイイですよね!

スポンサーリンク

還元率がいいクレジットカードでnanacoへチャージ!

僕の場合は楽天カードでnanacoをチャージしている為、還元分のポイントは楽天でそのままお買い物に使ってます。

という事は還元率が高いカードが重要になってくるわけですが、還元率が高ければ何でもいいというわけでもありません。

実はnanacoへチャージしてクレジットカードにポイントが付くものは限られてます。

更には、以前はnanacoへのチャージでクレジットカードにポイントが付いたけど、今はもう付かないとか、還元率が下がったなどの改悪も現在起こっています。

今後も、日本の経済状況やカード会社の懐状況で改定があると思うのでここはチェックが必要です。

そんな中、僕が使ってる楽天カードは還元率1%でなかなか優秀なカードだと言えます。

ただし注意すべき点が一つあります。

この楽天カードを作る際には、VISA、JCB、MasterCardのいずれかのブランドを選択可能ですが、nanacoへチャージしてポイントがたまるのはJCBブランドのみです。

これから楽天カードを作る人はJCBを必ず選んでください。

既に楽天カードを持っているけど

 

みつお 左 ガビーン

ガビーン!!僕のVISAだよ!

 

みつお 右 ガビーン

ガビーン!!俺のはMasterCardだよ!

という人は一度楽天カードを解約して、新規で楽天カードを申し込みJCBブランドを作ってください。

分割払いも一括払いも支払い総額に変化なし

固定資産税の支払い方法は、一括納付する方法と4期に分割納付する方法があり、それぞれの納付書が送られてきます。

結論から言うと分割払いも一括払いも支払い総額に変化はありません。

つまり一括納付しても割引は一切無し!という事です。

ちなみに

国民年金の場合は
「6か月分まとめて」の6カ月前納、「1年分まとめて」の一年前納、、最大で「2年分まとめて」の二年前納などがあり、それぞれ1,110円割安、4,090円割安、15,690円割安と、一気に2年分払うとかなりの割引率になります。

固定資産税にはこの一括支払での割引はありませんが僕は、分割は面倒なので一括で全部払ってしまいます。

もしnanacoへのチャージに使っている、あなたのクレジットカードが、キャンペーン等で還元率が高くなる期間があればその時に一気にnanacoへチャージして支払うという方法もいいですね。

固定資産税は実はクレジットカードで支払い可能

クレジットカードで支払は出来ないと言いましたが、これはコンビニではクレジットカードでは払えないという意味で、厳密にいうと、僕が住んでいる自治体ではネットからの申請でクレジットカード払いができます。

ただし殆ど節約になりません。

なぜなら決済手数料というものがかかるからです。

税額 決済手数料
1円~10,000円 73円(消費税込78円)
10,001円~20,000円 146円(消費税込157円)
20,001円~30,000円 219円(消費税込236円)
30,001円~40,000円 292円(消費税込315円)
40,001円~50,000円 365円(消費税込394円)

以降、税額が10,000円増えるごとに決済手数料73円(消費税別)が加算

これを見るとわざわざ決済手数料を払ってまでクレジットカードで支払いたいと思いません。

まとめ

固定資産税は、nanacoにクレジットカードでチャージして支払う方法が現時点で最善ですが、コンビニ支払いが不可な自治体ではこの節約方法は使えません。

一括支払でも分割支払でも割引は無いのでいつでも気楽に支払い可能。
ただし、納付期限あり。

クレジットカード支払いを申請しても決済手数料がかかってしまう。