遺産相続で揉める話は、よくある話です。
 
 
僕も親になる年齢になり、そろそろ僕の両親の遺産に関する話も段々と具体的になってきました。
 
 
と言っても実家は別に資産家でも何でもありません。
 
 
タダの庶民です。
 
 
ちなみに両親は、まだ健在です。
 
 
あと最低でも20年は頑張って貰いたいと思っています。
 
 
何故、今の段階から話し合いになったかと言うと、
 
 
僕の祖父が十数年前に亡くなり最近祖母が亡くなったのですが、祖父が亡くなってからずっと十数年もの間、遺産相続の件で親族間で揉め続けているからです。
 
 
本当に僕はこれにはウンザリなのです。
 
 
お陰で父と父の兄弟は遺産相続以降は、完全に縁が切れることとなりました。
 
 
こうした事から、僕の両親にもいずれはやってくる「その時」が来た時に僕兄弟が揉めないように今の段階から話し合いがされているのです。
 
 
ここまでは、どこにでもある話ですね。
 
 
family_isan
 
 
親族間で揉めること以外に、もう一つ考えなければならないのが相続税の問題です。
 
 
遺産が沢山残っていれば、相続税が掛かるという事は耳にしたことがあると思います。
 
 
「どーせ、うちの実家は貧乏だからそんなに財産なんかあるわけないよ~」
 
 
なんて思う人もいるかも知れません。
 
 
でも、「あなたが知らないだけで実はご両親には資産が有った。」
 
 
なんて言う話はたまに聞きますよね。
 
 
亡くなってから初めて気付き、相続税でタップリと持っていかれてもその時には既に手遅れなのです。
 

スポンサーリンク

生前贈与という方法で節税対策が出来ます。

親の資産をある程度知っておくと「親のその時」がくる前に、実は節税対策を進めることが出来ます。
 
 
財産が多く、相続税が掛かる場合には、生前から少しずつ贈与を進めることで相続財産を減らし相続税の節税対策を行うというものです。
 
 
これが生前贈与です。
 
 
残念ながらみつお家の実家には、生前贈与で節税対策をするほど財産はありません。
 
 
でも、あなたが知っておくといつか為になるかもしれません。
 
 
親の世代ではなく、自分が成功して今後資産をもつ可能性もゼロではないですから。
 
 
その時は子どもへ残す場合に役に立つ知識となるかもしれません。
 
 
さて、親から何も聞かされていない場合は、亡くなった後に財産がどこにいくらあるのかを把握することがかなり大変です。
 
 
最低限でも、何がどこにどのくらいあるのかは相続する側は知っておくべきだという事です。
 

  • 預金口座
  • 不動産
  • 有価証券
  • 保険
  • 負債(ローンや連帯保証人)
  • 貸金庫
  •  
    大体このくらいでしょうか。
     
     
    ちなみに、僕の祖父が亡くなった時には口座が凍結され、お金がおろせなくなってしまいました。
    こういう時にはお葬式費用で困る場合が出てきます。
     
     
    あらかじめ知っておくことで、この点も準備が出来ます。
     
     
    otsuya

    生前贈与する方法。年間110万円は基礎控除だけど…

    生前贈与の一つの方法で毎年110万を贈与していくという方法です。
     
     
    1月1日から12月31日を1年とし、この期間に110万までなら税金がかからないというもので申告も不要です。
     
     
    これは一人当たりの計算なので、もし子どもが2人居る場合はそれぞれに110万円の合計220万円を毎年贈与していくことが出来ます。
     
     
    これを10年間続けただけでも2,200万円です。
     
     
    ただし、毎年決まった一定額を継続して贈与すると、初めからまとまった額を渡すつもりで贈与したとみなされ、贈与税がかかる場合もあります。
     
     
    こうなってしまうと、多額の税金が掛かることになります。
     
     
    では、税金が掛からないようにする為には、どうするのか。
    以下の方法も対応策としてあります。
     

  • 毎年110万円を贈与したという証拠を贈与契約書できちんと残す。
  • 意図的に110万円を超えて贈与し超過分のみ贈与税を払った事実を作る。
  •  
    また、親が勝手に子ども名義の口座へお金を入れていても、子どもが贈与を受けたという認識が無ければ親の財産とみなされる場合もあります。
     
     
    こうなってくると結局は何がいいのか、どうしたらセーフでどうしたらアウトなのかはっきりとは分かりません。
     
     
    税務署がどこまで調べてくるのかもその時々で色々なケースになってくると思います。
     
     
    僕も色々調べてみましたが見解はそれぞれのようです。
     
     
    もし今後、本当に生前贈与を考えている人は一度税理士に相談するのがいいと思います。
     
     
    相続税が掛かるよりは、よっぽど費用は抑えられると思います。

    その他、贈与とみなされないお金の受け渡しに関して。

    年間110万の基礎控除の他にも、結婚資金子育て資金などは非課税になる特例があります。
     
     
    このあたりはウマく使いたいところです。
     
     
    細かい条件があるのでそれぞれの状況によって使うことで、かなりの節税効果があります。
     
     
    これも知っておくのと知らないのでは、後々大きな差が出てくることは間違いありません。
     
     
    wedding_gosyuugi

    まとめ

    いずれは親の「その時」がやってきます。
     
     
    相続する財産がある場合は、相続税で損する前に生前から話を進めておくことで節税効果がかなり見込めます。
     
     
    まずは親の財産を知ることからが第一歩です。
     
     
    税理士にも専門分野があるので、相続税専門の税理士に必ず相談するべきです。
     
     
    この税理士選びで失敗すると「もっと節税できたのに」という事が必ず出てきます。
     
     
    子ども教育資金がかかる方はコチラの記事もかなり有効な節税対策です。