ふるさと納税
 
 
巷では良く聞くワードです。
 
 
今更?と思われるかもしれませんが…
 
 
そうです、僕は今更やるんです。
 
 
本当は去年やろうと思ってましたが、「思ってる」だけで終わってしまったのです…
 
 
ダメなパターンですね。。
 
 
僕のこれまでの「ふるさと納税」の知識は
 
 
「やったらお得」
 
 
「税金が戻ってくる」
 
 
さらには
 
 
「納税先の特産品が貰える。」
 
 
とか。
 
 
この程度でした。
 
 
ちょっとザックリしすぎてますし、少しずつ勉強しようと思い記事にしました。
 
 
そして、2016年のふるさと納税の対象期間が12月31日までなので、そろそろ何を貰うか決めなければなりません。
 
 
正確には「寄付」なのでどこに寄付をするかですね。
 

スポンサーリンク

ふるさと納税は寄付すれば、いくらでも税金が戻ってくるわけではありません。

まずは基本です。
 
 
例えばどこかの自治体にみつおが10,000円を寄付するとします。
 
 
寄付した自治体からはお礼の品物が届きます。
 
 
10,000円の寄付のうち2,000円はみつおの負担で、残り8,000円が来年の税金からマイナスされるというわけです。
 
 
つまり支払い実質2,000円でお礼が貰える。
 

 
2,000円でお礼の商品を買っているというのと同じです。
 
 
来年の税金が10万円だとしたら8,000円減額され92,000円の税金となります。
 
 
「じゃあ10万円分全部ふるさと納税してお礼を貰いまくればいいじゃん!」
 
 
「2,000円負担で貰いまくり!!やったーー!」
 
 
と言うとそうでもありません。
 
 
無限に税金が減額されるのではなく、給与収入と家族構成やその他の条件で限度額が決まっています。
 
 
以下総務相の納税額(年間上限)の目安です。
 
furusato
 
一応、年収800万まで掲載します。
 
 
みつおはと言うと…上の方ですぐ見つかりますねo(^-^)o
 
 
この計算は社会保険料控除額が15%で計算されています。
 
 
他にもいろいろな条件が含まれていますのであくまで「目安」で考えるのがいいと思います。
 
 
あとは「さとふる」という、ふるさと納税サイトにも控除額のシミュレーションが出来るところがあります。
 
 
「さとふる」だと、より正確な控除額が出せますので、もし気になった人は覗いてみてください。
 
 
会員登録しないでも、控除額のシミュレーションは出来ます。
 
 
要するに、ざっくり言うと「給料で限度額が決まりますよ」という事です。
 
 
超えてしまった分は文字通り「寄付」になります。
更に言うと、2,000円+超えた分のお金でお礼の商品を買ったという事になります。

ふるさと納税のお礼の品ってどんなものがあるのか。

「お礼の品」って一番気になるところですよね。
 
 
何を貰おうかワクワクします。
 
 
自治体でかなり色々なジャンルがあります。
 

  • お菓子
  • 果物
  • ジュース
  • 魚介類
  • 野菜
  • 雑貨
  • 金券類
  •  
    自治体の特産品、特徴に関連するものが多く、あとは金額によってもレベルが異なってきます。
     
     
    例えば僕がいいなと思ったお礼の品は、神奈川県山北町への寄付金30,000円のものです。
     
    furusato-osechi
     
    こんな立派なおせちです。
     
     
    神奈川県山北町へ30,000円だけ寄付したとすると自己負担2,000円で、28,000円は来年の税金から減額され、戻って来ることになるので実質2,000円でこのおせちを購入した事になります。
     
     
    写真はかなり立派で豪華です。
    実際は届いて見ないことには分かりませんが…
     
     
    サイズは「248mm×248mm×高さ50mm×3段」と表記があります。
    でも、2,000円でこのおせちならいいですよね。
     
     
    毎年おせちを注文している家庭にはかなりいいですよね。
     
     
    ちなみに
    人気の自治体になると、お礼の品が品切れになる事もあるので人気の自治体へは早めに納税です。

    納税にはクレジットカード決済でポイントをゲット。

    納税には勿論クレジットカードを使います。
     
     
    例えば先ほどの神奈川県山北町へ納税した場合で計算してみます。
     
     
    30,000円の納税をラインペイで決済したとします。
     
     
    ラインペイは3%還元可能なので
     


     
    30,000×0.03=900円
     
     
    900円分もポイントたまります!
     
     
    2,000円の自己負担になるもののカードポイント900円分なので実質1,100円!!
     
     
    「わぁおっ!」
     
     
    って感じです。
     
     
    あとはクレジットカード決済が出来る自治体と出来ない自治体があるのでここも要チェックですね。
     
     
    まだ僕が実際にラインペイで決済をやったわけではありませんが、もしふるさと納税をする時には絶対試したい方法です。

    おわりに

    ふるさと納税の概要はこれで理解できました。
     


     
    あとは自分の納税限度額を出来るだけ正確に把握することと納税した後の確定申告の仕方などもこれから勉強しなければなりません。
     
     
    その記事はまた今後書いていきたいと思います。