東京都には「受験生チャレンジ支援貸付事業」という制度があります。
 
 
これはまだ一般的にはあまり知られてないかもしれません。
だからこそこのブログで発信したいと思いました。
 
 
それにしても、まさかこんな制度があるとは思っていませんでした。
 
 
どういう制度かと言うと中学3年生・高校3年生を対象に、塾の費用や受験の費用(受験料)を無利子で貸してくれるものです。
 
 
僕も以前記事にしましたが塾代はかなりの負担になります。
 


 
でもここまでなら、
 
 
「へぇ~こんな制度が今はあるんだ!!」
 
 
「少子化を象徴してるな制度だな~」
 
 
となる程度だと思います。
 
 
これだけでも十分に僕は驚きましたが、ここからが凄いところで
 
 
なんと!
 
 
高校、大学などに入学したら返済が免除されます!!
 
 
借りたお金、返さなくていいんです!!
 
 
これ凄くないですか?
 
 
もう万歳!!ですよ。
 
 
しかも一度ドロップアウトした人でも大丈夫なんです。
 

  • 高校中途退学者
  • 高等学校卒業程度認定試験合格者
  • 定時制高校4年生
  • 浪人生等
  •  
    上記該当者でもOKです。
     
     
    なんて素敵な制度なんでしょう。
     

    スポンサーリンク

    無利子での貸付資金の具体的な内容は?

    大きく分けて二種類があります。

     

  • 対象となる学習塾費用を貸付
  • 対象となる学校の受験料を貸付
  •  
    塾費用は対象となる学習塾等の費用20万円を上限として借りることが出来ます。
     
    受験料は対象となる受験校等の受験料が高校受験27,400円、大学受験80,000円を上限に借りることが出来ます。
     
     
    もし高校受験でこの制度を利用して大学受験で再度申し込むことも出来ます。
     
     
    両方、合格し入学すれば中・高合わせて受験料で最大10万円以上を節約することが出来ます。
     
     
    塾費用に関しては家庭教師は対象外と言うことです。
     
     
    毎月の塾代の負担を考えるとかなり素敵な制度です。
     
    juku

    無利子での貸付を受けるには条件があります。

    条件のいくつかを箇条書きします。

  • 預貯金等資産の保有額が600万円以下
  • 土地・建物を所有していない
  • 公的資金の返済を滞納していない
  •  
    この3つに加えて世帯収入の条件もあります。

    一般世帯

    世帯人数3人…総収入(年間)3,343千円以下
               総所得(年間)2,160千円以下
     世帯人数4人…総収入(年間)3,864千円以下
               総所得(年間)2,551千円以下

    ひとり親世帯

     世帯人数2人…総収入(年間)3,018千円以下
               総所得(年間)1,933千円以下
     世帯人数3人…総収入(年間)3,788千円以下
               総所得(年間)2,850千円以下

    ※この収入から賃貸物件の人は年額上限84万円(月額上限7万円)を限度に、家賃支払額を本人収入額から減額できる場合があります。

    基本的な条件を挙げましたが、細かく他にも条件がありますので、もし今後真剣に申請しようと言う人は直接窓口で、まずは相談するのが確実です。

    おわりに

    juken

    まさか、塾代や受験料までが助成される時代とは思いませんでした。
     
     
    それだけ今、「教育格差をなくしていく事」に力を入れたいという現われだと思います。
     
     
    子どもの貧困や教育格差を放置することでの経済損失は約2.9兆円とも言われています。
     
     
    今回は東京都の制度を書きましたが他の自治体でもいくつか助成を行っているところがあります。
     
     
    例えば、大阪の場合には「塾代助成事業」というもので、これは塾以外の習い事までもが対象です。
     
     
    家庭教師もOK、さらには文化系の「英会話」「音楽」「絵画」「パソコン」教室、スポーツ系の「野球」「ダンス」「水泳」教室なども対象になっています。
     
     
    これは知らないと損ですね!!
     
     
    もし気になった方は、お住まいの自治体へ問い合わせてみるといいと思います。