僕は結婚前までは、親と会う事はほぼありませんでした。
 
 
別に仲が悪いわけでもなく、メールや電話で話したりはします。
一番期間があいたのは8年くらいです。
 
 
友達に言うと結構びっくりされます…
 
 
それも最後に会ったのは友達の結婚式で帰省した時に僅かな時間です。
 
 
何故帰らなかったのかと言うと仕事が忙しいのと、遠くて時間がかかるというのと、交通費が凄く掛かるからという理由です。
 
 
飛行機で帰りますが、途中の電車などいれると4時間ほどかかります。
 
 
当時住んでいた場所からは、まず羽田空港まで行くのに凄く時間がかかりました。
 
 
では、8年間全く会わないとどうなるかと言うと、当たり前ですが久しぶりに会うと「凄く歳をとって老けたな~」という感じになります。
 
 
びっくりするほどです。
 
 
きっと1年に一度会ったりしていれば、そこまでの気持ちにはならないと思います。
 
 
結婚の話が出てから以降は年に2度くらいは会うようになりました。
 
 
もし結婚していなければ、もしかしたら10年に一度のペースで会うことになっていたのかもしれません。

現在の平均寿命は男性が80歳、女性が87歳。

スポンサーリンク

 
2016年の平均寿命です。
 
 
思っていたより結構上でした。
 
 
母はまだ20年以上余裕でありますが、父は既に母の半分以下の10年ちょっとしかありません。
 
 
しかも平均まで生きればの話です。
 
 
みつお家の家系から言うと男性で80歳まで生きた人は居ません…
 
 
もし僕の結婚前のペースで言うと父とは残り2、3回しか会わなかったことになります。
 
 
これを考えると恐ろしくなってきます。
 
 
今のペースの年に2、3回になると結構な回数会えます。
 
 
80歳まで生きたとしたら25回くらいは会えるでしょうか。
 
 
それでももう数えるほどです。
 
 
僕が会いたいというよりは、子どもに会わせたいという気持ちです。

実家が遠い場合は帰省費用の問題に直面します。

僕が一人で帰省しているときは飛行機だけでも36,000円ほどです。
 
 
その他の電車の交通費を入れると39,000円くらいします。
 
 
一人で帰って交通費のみで約40,000円です。
 
 
家族3人で帰ると単純計算で12万円です。
 
 
交通費だけで…
 
 
これにお土産や、帰省先で遊んだりすると16万程になるかもしれません。
 
 
もし年に二度帰省すると32万です。
 
 
お金なんかより、もっと大切な事はありますしその人の考え方によって意見は色々あると思います。
 
 
「お金の事なんか言ってる場合じゃないよ!」
 
 
という人も居れば
 
 
「帰省なんかお金がもったいないよ!」
 
 
という人も、両方の意見があると思います。
 
 
ただ、現実として帰省費用に関することは避けては通れない問題です。
 
 
もし全く余裕がない家庭の場合は、帰省したくても出来ないという問題も起こってくると思います。
 
 
僕は、若い時は後者でした。
 
 
だって若い時はお金が本当にないですし、まだまだ親だって先が長いですから。
 
 
もしかしたら世代によっても考え方は大きく変わってくるのかもしれません。
 
kisei

帰省先が遠いなら費用を積み立てすれば何とかなります。

帰省費用は大体いくらかかるか予想は出来ると思います。
 
 
一気に10万円単位で出て行くとなかなかボディーに効きますが、それが分かっているなら前もって毎月少しずつ積み立てておけばいいですね。
 
 
みつお家の場合は月に14,000円を積み立てれば年に一度帰省できる金額に達します。
 
 
ただ年に二度帰省するとなるとやはり正直しんどいです。
 
 
月に30,000円も積み立てなければなりません。
 
 
勿論貯金から出すという手もありますが。
 
airplane

さいごに

実家が遠い場合は、親に会える回数も残り少なくなってきます。
 
 
さらに帰省費用の事は頭に入れておかなければならない重要な問題です。
 
 
一度に費用を捻出するのは大きな負担になりますので毎月積み立てていくことで準備できます。
 
 
僕は交通費の面でも今後は様々な節約方法を探していく予定です。
 
 
その節約方法についてはまた記事にしていきたいと考えています。