確定拠出年金。

最近、ますます話題ですね。

2017年の1月から制度が変わって個人型の確定拠出年金がほぼ誰でも加入できるようになるからです。

僕は元々加入できる条件なので、一時期は加入しようと思って張り切って色々調べました。
 
 
「節税対策!!」
 
とか
 
「絶大な節税メリット!」
 
とか
 
「やらないと損!!」
 
 
とかいう記事もかなり目にします。
でも、僕の場合はやらないほうがいいだろうと結論に。
 
 
……
 
 
よく見るネット上の情報とは間逆です。。
 
 
理由は
収入が安定してないからです。
 
 
これだけです。
 
 
僕がもし「収入が安定している」なら多分やります。
だって結構な節税になりますから。
 
 
今って「収入が安定してる」とか、もしくは「ずっとこの先20年以上同じ会社にいるから安泰!(^^)!」という人はもしかしたら少ないのかもしれませんね。
もうそんな時代じゃないですし。
 
 
ちなみに今日は

「どれだけお得か」

「どれだけ節税になるのか」

という実際の金額には触れません。
 
 
かなり!と思っていいと思います。

確定拠出年金とはそもそも何なのか。

スポンサーリンク

 
名前はきっと聞いたことがあると思います。
 
 
じゃあ何かと言うと、

国民年金の場合は

自分が支払ったお金を他人であるリタイヤ世代にまわして給付されていますので、現時点では他人の為に支払っているものです。
勿論、将来自分がリタイヤした場合に「受給できる権利」の為に支払っていますが。
 
 
確定拠出年金は

「自分のために」自分で掛け金を支払って、60歳になったら受け取りが出来ます。
現時点から自分の為にお金を出すという点が違います。
 
 

ただし加入期間が10年を満たない場合は60歳では受け取れません。

10年未満の加入の場合は以下の受け取り年齢になります。
 

  • 8年以上加入  61歳
  • 6年以上加入  62歳
  • 4年以上加入  63歳
  • 2年以上加入  64歳
  • 1ヶ月以上加入 65歳
  •  
    最も早くても60歳から受け取りが開始という事になります。

    確定拠出年金(個人型401k)は手数料がかかります。

    金融機関で手数料が大きく変わりますが、口座を維持するのに年間安くても2,000円ほどかかります。
    (SBI証券で管理資産50万円以上の場合)
     
     
    最短でも60歳まで続けるものなので出来る限りコストを低く抑えられるところを選ばなければなりません。
     
    長期戦で考えるとかなりの差が出てきます。
     
    万が一経済状況が苦しく掛け金が払えない場合は、条件を満たしていれば脱退できます。
    もし脱退できない場合は、掛け金を拠出せずに運用のみ行うことも出来ます。また、再開も出来ます。
     
     
    ただし掛け金の拠出をストップ中も毎月必ず手数料がかかります。

    ずっと掛け金を出せないとしたら…恐ろしいですね…

    60歳まで手数料だけを支払い続けることになります。
     
     
    money_carton
     
     
    「運用してもらってる」という名目の手数料にはなりますが…

    確定拠出年金は元本割れする「運用リスク」があります。

    掛け金を決めたら、あとは運用商品を自分の判断で決めます。
     
     
    国民年金、厚生年金のように掛け金を出して「はい、終わり」ではありません。
    その後にどう運用するか自分で決めなければなりません。
     
     
    運用商品選びは最も重要です。
     
     
    何故なら将来の年金受給額がダイレクトに関ってくるからです。
     
     
    運用商品の中には、投資信託や保険や定期預金などがありますが、増えるも減る(元本割れ)もこの選択によります。
     
     
    じゃあ、運用商品はリスクを取らずに定期預金でやれば理論的には元本保証なわけですが、受給時に税金が課された場合に現在のように利率が低すぎると税金負担分が利率の金額を上回ります。
     
     
    こうなると結果的に元本割れと同じくマイナスになってしまいます。
     
    graph_down
     
    掛金を支払っている時の税制メリットはありますが、なかなか難しいですね…

    確定拠出年金は受給時にも税金がかかる!!

    確定拠出年金は拠出(支払)する時は控除の面で税制メリットが大きいとあらゆる所で言われます。
    確かに僕もそう思いますし、間違いないです。
     
     
    しかし、先に少し述べましたが実は受給する時に課税されるのです。
     
     
    貰うとき(早くて60歳)に税金が掛かるんですよ…
     
    money_zeikin
     
    貰い方によって税額の控除金額も異なってくるのですが、受給時に控除額以下でなければ、「はみ出した分」に結局は税金がかかるのです。

    確定拠出年金だけでなく、公的年金も受給しますしそれらを合わせて控除額を超える分に関しては課税されます。
     
     
    控除額以内で受け取れば勿論ゼロです。
     
     
    「口座維持費も掛かって、投資信託を選べば運用リスクもあって、さらに信託報酬もかかって、受給時がくると税金までかかるのか…、えぇぇ~」

    と、僕なら思ってしまいます。

    しかも60歳まで拘束という…
     
     
    「税制面においても全て計算しつくされた計画的な確定拠出年金」をしている人は僕は素敵だと思いますし、やってメリットがあると思います。

    おわりに

    拠出するときの税制メリットばかりが言われますが、僕は受給時の課税の事も知っておくべき事項だと考えています。
     
     
    安易に確定拠出年金を始めると大変な事になってしまいます。
     
     
    ここに書いた以外にも注意すべき点、リスクはいくつかありますし。
     
     
    ちなみに、僕が数日前に記事にもした、「こだわり個人年金(外貨建)」に何故入ったかと言うと、確定拠出年金(個人型401k)には60歳まで辞めれないという最大のデメリットがあるからです。
     


     
    こだわり個人年金(外貨建)なら最短10年で解約することが出来ます。
     
     
    僕の場合だと50歳前には余裕で解約できます。
    10年過ぎれば解約金もありません。
     
     
    こだわり個人年金(外貨建)は為替の影響を受けますが、確定拠出年金(個人型401k)も結局自分で選択した金融商品の投資の運用成績によりますので考え方は同じだと思っています。