僕は今保険の相談を行っている最中です。
 
 
人生で、これで三度目です。
 
 
実は一回目でいくつか保険に入って、ある程度信頼出来そうな担当の方だったので二度目も学資保険の事で同じ方のところに相談へ行きました。
 
 
というか完全に信頼しきっていました。
 
 
しかし一度目に話をしていたのと違う事を言っていることに気付き、この人の事を全く信用出来なくなったのです。

 

1度目は
 
「うちは子供が居ないので、こういう保険には入らないでこういう保険に~」

と身の上話を結構していました。

勿論、保険の話を絡めながらで僕もかなり勉強になったのを覚えています。
 
 
 
そして、1年ほど経過して…
 
 
 
2度目の相談。
 
また身の上話を絡めて保険の話をしていました。
 
 
「うちの子供は~で~、はははは(笑)」
 
 
…………
 
 
………
 
 
え?
 
 
………
 
 
子供居ないって言ってたよね…
 
 
この時にこの人は信用出来ないな、怪しいなと思うようになりました。
 
 
はじめは聞き間違えかなと思っていましたが、帰宅して妻に確認すると妻も全く同じ事を思ったらしいです。
 
 
この担当の方の保険の話に嘘はないとは思いますが、一つこういう嘘があったら「もしかして本当は他にもっといい商品があったのでは…」という気持ちになるのは自然な事だと思います。
 
 
本当は今回の学資保険の事もこの担当の方にするか悩みましたが、前回の嘘がどうしても引っかかったのと、他の会社の相談窓口で他の意見を聞くのも悪くないと思い別へ相談することにしました。
 

スポンサーリンク

保険屋さんは歩合です、保険屋さんにも家庭があるわけで…

「保険屋さんも、人間だもの…」
 
 
みつを。
 
 
間違えました。
 
 
みつおです。
 
 
無料で相談できる保険ショップは今沢山ありますが、一応「公平・中立」「無理強いしない」「加入者の立場になって」などが謳い文句です。
 
 
基本的にはこれらは守られていると思います。
 
 
でも保険屋さんも人間ですし、家庭がある人も居ますしお給料を稼がなければなりません。
 
 
ここでいう保険屋さんは、保険ショップの相談員さんを意味します。
 
 
保険屋さんは実は歩合制なのです。
 
 
最低保証の給料があってもかなり低いので契約が取れない人は、辞めて転職しなければ生活が出来ないらしいのです。
 
 
と言うことは出来るだけ毎月沢山の契約を取らなければならないし、よりキックバックのパーセントが高い商品を売りたいと思うのは至極当然です。
 
 
setsumei
 
 
じゃあどうするかと言うと相談に来た人にキックバックが高い商品を勧めます。
 
 
勧めるというよりは言葉巧みに「誘導する」という手法です。
 
 
常套手段です。
 
 
勿論、さっき言った「公平・中立」「無理強いしない」「加入者の立場になって」という前提が表向きにはあるので、相談する側には分からないようにです。
 
 
学資保険に関してはキックバックが低く、保険屋さんとしては「うまみ」がない商品です。
 
 
学資保険で相談に行く場合は、他の商品を引き合いに出され言葉巧みに誘導されることが多いようです。
 
 
僕が今相談しているところでも、今まさにこの状態です。
 
 
ただ、誘導された商品が必ずしも良くないわけではないので、あとは自分で見極めることが大切になってきます。

保険ショップでカモにされやすい人がどういう人か考えてみました。

僕なりにですが考えてみました。
 
 
みつおが、もし保険の相談員をやるなら
 

  • 「YESマン」
  • 「社会人なりたて」
  • 「不安がっている」
  • 「何かしらの保険に入りたがってる」

 
こういう人が相談に来たら「カモきたー!チャンス!」と思います。
 
 
bird
 
 
少しでも「カモ」と思われないためには、保険ショップに相談に行く前に、多少はネットなどで下調べしていくといいかもしれません。
 
 
終身保険などは今後数十年間払う保険になりますから。
 
 
下調べすることで保険を選ぶ際の判断材料にもなりますし、「無知状態」で相談へ行くよりは、こちらの印象もかなり変わって来ると思います。

さいごに

今、巷には本当に色々な保険ショップがあります。
 
 
これらのショップへ相談へ行くのは無料です。
 
 
保険に入っても入らなくても、どちらでもいいですしお金は一切かかりません。
 
 
では、どうやって運営しているのかと言うと相談者が加入した保険のキックバックで運営が成り立っています。
 
 
詳しくは僕も分かりませんが、高いもので10%程もショップへ入る商品もあるみたいです。
 
 
保険ショップの相談員が必ずしも100%正しいかというと、そうでない場合もあるという事は、知っておくべき事実です。