年金支給が75歳から!?
 
 
あの…
 
 
僕……生きてないかもなんですが…
 
 
…………
 
 
………
 
 
まだ決定事項ではないですが…

田村憲久厚生労働相は5月11日、NHKの番組で、高齢者の働き方が多様化していることを踏まえ、
現在、個人の選択で公的年金の支給開始年齢を70歳まで引き上げられる制度について、75歳程度まで広げられないか検討する考えを示した。

まだ検討する段階ですね。
 
 
ちょっとホっとしました?
 
 
でも、僕の世代(30代)が受給するのは確実に70歳はいきそうな勢いですね。
 
 
確かに60歳で定年は今の時代は早すぎると思いますし65歳までの会社もありますよね。
 
 
将来的には定年は65歳が当たり前にになるかもしれません。
 
 
それにしても75歳までは10年間あります。
 
 
10年間は無収入?バイトしたとしても貯金無しではかなり大変な時代になるかも知れません。
 
 
今後は年金は貰える金額も低くなっていくでしょうし。
 
 
富裕層はいいですが、中流階級の人が一番辛いかもしれません。
 
 
多少の贅沢をする癖がついてしまって退職世代に入るとなかなか急には節約生活は難しいと思います。
 
 
今の段階から節約の知識と方法を学んでおくことが益々大切になってきます。
 
 
また最近のニュースとして、

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は26日、株安や円高で国内外の保有株の評価損が膨らみ、2016年4~6月期の運用損益が5兆2342億円の赤字になったと発表した。過去3番目の赤字。

というものもあります。
 
 
なかなか年金制度の状況は厳しいです……
 

スポンサーリンク

年金を支払わなくても生活保護が受けられる現実。

「75歳からしか貰えないならその前に死んでるし」
 
 
「生きても数年だし」
 
 
というのが正直なところです。
 
 
だったら年金払わないで自分で貯めたほうがいいですよね。
 
 
だって何百万も払って元が取れない可能性は十分過ぎるくらいにあります。
 
 
年金を払ってない人は、勿論年金は貰えないわけですが…
 
 
でも年金払って無くても
 
生活保護は貰えます!!
 
こんな不公平ってありますか…
 
 
ただし親、兄弟、子供、孫に「援助して協力してください」という扶養義務照会という通知が届きます。
 
 
これは義務ではないですが親兄弟、子供や孫にまで迷惑をかける事になります。
 
 
これだけは避けたいところです。
 
 
でも本当に自分一人しか居ないという人だったら誰にも迷惑なんて掛けないわけです。
 
 
あえて言うなら納税者、国民でしょうか。
 
 
そもそも日本には日本国憲法第25条というものがあります。
 
「全て国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」
 
中学生の時に暗記しましたよね。
 
 
今でも言えますし。
 
 
中学生の時は、
 
 
「なんて素晴らしい憲法なんだ」
 
 
「日本っていい国だな~」
 
 
「日本に生まれてっ!、ヨカッターーっ!」
 
 
なんて思ってましたけど、大人になるとまた違った気持ちになります。
 
 
不公平憲法です。

定年後も仕事や収入源を確保しておく必要がある。

僕の場合は、仕事の紹介は友人や知人からの場合が少なくありません。
 
 
以前、交際費の事を少し書きましたが、節約を意識しすぎて全く友人知人との交際がないという人はこういう紹介して貰う機会もなくなってしまいます。
 


 
あとは、退職後は全国シルバー人材センター事業協会というものもありますが月に10万円以上を稼ぐのは難しい状況です。
 
 
調査の結果によると

  • 月平均就業日数が9.3日
  • 月平均配分金収入35,221円
  • 1日の労働時間の目安4時間程度

という結果です。
 
 
平均的な時給で換算すると1日4000円、月10日就業で月に4万円程度です。
 
 
食費とちょっとしたおこずかい程度ならなんとか稼げます。
 
 
やはり自分で何かしらの仕事を持つことや、収入源を若いうちから作っておくことが重要です。

まとめ

年金受給が75歳に引き上げられた場合は60歳で退職後は15年間も耐え忍ばなければなりません。
 
 
更には75歳に引き上げが決まった場合は、今以上に年金を払わない人が増えることが予想されます。
そうなると当然のように年金受給額は減ります。
 


 
まさに負のスパイラルに既に入っている状態です。
 
 
年金に頼らない生活が出来るよう、自分の資産形成を行うことが今後はより重要になってきます。
 
 
今出来る節約の智恵や資産運用の知識で将来に備えたいものです。
 
 
※今回の記事は不安を煽るものではなく、「年金の事を知ることで将来に備える」という意味合いのものです。