「節約」と「倹約」と「ケチ」の違いってわかりますか?
 
 
なんとなくのニュアンスだったらわかりますよね。
 
 
僕がどれに当てはまるかというと……
 
 
自分では節約や倹約だと思ってます。
 
 
でも他人から見たら、もしかするとケチだと思われるかもしれません。

 

そこで
 
 
そもそも意味はどう違いがあるのか調べてみました。
 
 
ケチ
出すべき金銭や品物を惜しがって出さないこと
 
 
節約
むだを省いて切り詰めること。
 
 
倹約
むだを省き、費用を切り詰めること(節約)
 
 

節約と倹約は同じという事です。
 
 
では節約とケチがどう違うか。
それは「無駄な事を省いているか」というところです。
 
 
節約や倹約をしている人は「必要な時にはお金を出す」という事。
 
 
ケチな人はどんな場面においても、お金が必要な場合だとしても遣わない人です。
 
 
じゃあ僕は節約です。
 
 
と思いたいです…
 
 
でもきっとお金がたまるのはケチな人ですね。
 
 
money
 
 
ただ、そういう人生はちょっとつまらないかも知れません。
 
 
お金は、あくまで人生を豊かにする為のツールであって、ためることが人生の目的ではないからです。

 

スポンサーリンク

ケチなために食費をケチって病気に。本末転倒では意味が無い。

食費を節約することは凄く大切な事だと思います。
 
 
これは誰もが認めることだと思います。
 
 
ただし、安いからと言う理由で、ずっとカップラーメンばかりやコンビニパンだけの生活をしていたらいつか必ず体に異変が起きます。
 
 
若いうちはまだいいかもしれませんが、年齢を重ねて症状が出ても既に手遅れになります。
 
 
もしそれで長期の入院や通院になってしまえば結果的にお金がかかってしまうことにもなりかねません。
 
 
ある程度のお金を掛けてでもバランス良い食生活は送るべきだと考えています。
 
 
最近もう一つ気になるモノがあります。
 
 
激安のお弁当です。
 
 
デフレの影響もあると思いますが、今300円でも凄く見栄えが良いお弁当が買える時代です。
 
 
僕も近くで買える時には結構利用していました。
 
 
全ての安いお弁当屋さんが当てはまるとは限りませんが、食材が期限切れだったり、良く分からない材料だったりするという記事を何度か読んだことがあります。
 
 
最悪、食べた瞬間に「あれ、ん?おかしいぞ。。」と感じるレベルだそうです。
 
 
僕はそこまでの経験は無いですがこの記事を読んでから少し恐くなりました。
 
 
子供にはあまり食べさせたくはありません。

 

obentou

交際費をケチると結果的には自分にマイナスになる事もあります。

別に会社の人や友人と飲み歩けというわけではありません。
 
 
ある程度の付き合いは必要だという意味です。
 
 
ケチな人の中には、人付き合いは全くしない人もいます。
 
 
理由は勿論
 
 
「お金がかかるから」
 
 
それは当然かかります。
 
 
しかし人との交流によって自分では普段あまり知る事が出来ないような有益な情報を手に入れたり、自分には無い人脈に繋がったりすることはよく有ります。
 
 
そこから仕事の幅が広がったり、時には自分をいつか助けてくれる存在になるかも知れません。
 
 
人との交流をシャットアウトしてしまうと人生において時にマイナスになる事もあるという事です。
 
 
僕は決して人付き合いがイイと言えるタイプではありませんが、人に会う事は大切にしています。

 

 

ただ飲みたい、わいわい飲みに行きたいという事はありませんが

 

nomikai

 

さいごに。

お金持ちの人ってよく「ケチ」と言いますよね。
 
 
でもあれは実は「ケチ」ではなく倹約という事です。
 
 
無駄を省いて切り詰め、正しい節約管理をする事はこれはケチではありません。
 
 
しかしながら「節約、倹約だ」といくら自分で思っていても、他人が見て「不快だ」と思われてしまうとケチだと判断される場合もあります。
 
 

最後にもう一度。
 
 
お金は、あくまで人生を豊かにする為のツールであって、ためることが人生の目的ではありません。