買うことで満たされるけど、手放すことでも満たされる不思議って不思議な感覚ですよね。
 
あなたは今、「モノを買うこと」と「モノを手放すこと」どちらが多いですか?
 
 
僕は断然今は「モノを手放すこと」の方が多いです。

「モノを買うこと」≦「モノを手放すこと」

 

でもこれって意識しないとなかなか上記のようにはなりません。
 
 
習慣づくまでは、殆どの人が

 

「モノを買うこと」≧「モノを手放すこと」

 

だと思います。

 

中には、一つ買ったら一つ手放すと自分のルールを決めている人も居ますよね。
 
 
こういうルール決めは凄く大切な事で、片付いている人はマイルールを持っている人が殆どです。
 
 
よくよく考えてみると、モノを買っても心が満たされますが、モノを手放しても心が満たされます。
 
 
間逆な行為をしてるのに両方とも心が満たされているので不思議なものです。
 
 
これってどういう心理なんでしょうね。

 

スポンサーリンク

モノを捨てるとスッキリするなら買わなければいい。

断捨離を進めている僕は、ここ数年モノを手放すことで心がスッキリする気持ちよさを知りました。
 
 
一度この気持ち良さを知ると断捨離はどんどん進みます。
 
 
あなたも掃除をする事で、ゴミを捨てることで気持ちよくなった経験をした事があると思います。

「部屋の乱れは心の乱れ」なんていう言葉もあります。

 

モノを捨てて気持ちよくなるなら、そもそも捨てる前にモノを買わなければいいのです。

僕の経験では以下の場合はいずれ手放すことになるパターンです。

 

  • 衝動買い
  • ストック買い
  • ブームに便乗買い
  • セール買い
  • 服のデザイン違いの複数購入

 

買ったことでその瞬間は心が凄く満たされます。
 
 
しかし結局は保管場所に困ったり、そのまま数年使わない、型が古くなり時代に合わずに使えないというような事が頻繁に起きていました。
 
 
本当に必要なものかどうかを見極めて購入していない結果です。
 
 
欲しいモノを欲しいままに購入すると、最悪の場合はゴミ屋敷になってしまいます。
 
 
人はそうならないために掃除をしたり、ゴミを捨てたりしますがそもそも「捨てるなら買わない」が一番なのです。
 

dansyari

欲しいと思ったら、ひとまず7日間待ってみる。

欲しいと思ったらまずは、その場でグっと我慢です。
 
 
なかなか耐えるのは辛い事です…
 
 
そこから7日間時間をおきます。
 
 
人は一週間も時間を置けば、大抵の場合熱が冷めているものです。
 
 
一週間後に本当に欲しいのか、本当に必要なモノなのかをもう一度考えます。
または、自分以外の人に意見を求めます。
 
 
僕の場合は妻に聞いてみます。
 
 
僕は多くの場合は一週間後には購買意欲はなくなっています。
 
 
お店やネット上では、あの手この手で見たその瞬間に「いかに買わせるか」と購買意欲を煽る広告やポップなどが常に考えられています。
 
 
心理的に訴えてくる色や音楽などをふんだんに使っているのです。
 
 
多くの場合はこれにまんまとハマっているだけの可能性もあります。
 
まずは7日間考えてみて、それでも必要なら買う価値がありそうです。
 
更にはその7日間のうちに、もっといいスペックや値段が安いものを探せる可能性もあります。
 
 
ちなみに
 
 
一番辛いのが匂いです。
嗅覚に訴えてくる場合はついついという事も……
 
 
僕は食いしん坊なので…
 

food

まとめ

モノを「買うこと」と「手放すこと」は相反することですが、両方とも心が気持ちよくなり満たされる行為です。
 
 
つまりこのサイクルが加速してしまえば、「買う」と「捨てる」という無限ループを繰り返すだけでどんどんお金も時間を無駄になります。
 
 
本当に欲しいモノなのか、必要なモノなのかを見極めるために7日間の猶予を置くことで無駄な出費を抑えることが出来ます。
 
 
断捨離は急に出来るようになるものではありません。
 
 
少しずつ無理をせずにです、でも時には大胆に処分する気持ちもなければなかなか進みません。
 
 
捨てるのにお金がかかるモノや、まだ価値あるモノはヤフオクで出品するとお小遣いにもなります。