JR九州が10月に上場します!
 
 
これから僕はIPOに向けて準備をはじめます。
 


 
JR九州が2016年10月に上場するという情報を先日ラジオから得ました。
 
 
JR九州の時価総額は5,000億円規模の見通しで、今年のラインの上場に次ぐ大型のIPOです。
 
 
前回のラインのブックビルディングの時は、はじめての申し込みだった事もあり、「絶対買いたい!」というよりは「ブックビルディングがどういうものか経験してみたい」くらいの気持ちで申し込みましたが今回は当選して欲しいです。
 

 

買いたいです!!
 
 
だって地元だし!
 
 
そこはあまり関係ないですが。
 
 
ラインのブックビルディングの時に学んだことを今回は生かして当選できればと思ってます。

 

スポンサーリンク

ブックビルディングで注意すること、少しでも当選しやすくする方法。

まずは前回失敗した以下を改善します。

 

 

ブックビルディングの仮条件は変更されることがあるので、申し込み後でも安心せずに、締め切りの前日には再度必ず確認すること。
 
 
もし仮条件の上限金額が途中で変更になり、上がっていればマックスの金額に必ず変更すること。
 
 
もう一つは、出来るだけ主幹事証券会社でブックビルディングに申し込むことです。
 
 
前回のラインの時は主幹事ではないSBI証券のみの申し込みでした。
まずはこの二点を確実にクリアしてやっとスタートラインだと思ってます。
 
 
そして今回のJR九州の主幹事証券会社は5社ですがそのうち国内証券は野村証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券の3社です。
 
 
野村証券は、ラインのIPOの時にも書きましたが、僕のような一般人の小額投資ではまず当選出来ません。
 
 
三菱UFJモルガン・スタンレー証券とSMBC日興証券はまだ当選の可能性がありそうです。
 
 
そこで今回はIPOの準備としてまずはSMBC日興証券の証券口座を開設したいと思います。
 
 
何故こちらを選んだかと言うと昨年の幹事数が圧倒的に多いからです。今後のIPOの事を考えるとSMBC日興証券を開設するのが優先だと考えました。
 
 
これからIPOのブックビルディングには積極的に申し込みしていこうと考えています。
 
 
もしかしたら今回のJR九州のブックビルディングまでの準備期間に余裕があれば三菱UFJモルガン・スタンレー証券とSMBC日興証券の両方開設するかもしれません。
 
 
SBI証券は主幹事では無いにしても幹事にはなると思いますので、SBI証券でもラインのブックビルディングの時と同様に申し込みたいと思っています。
 
 
もし落選したとしてもIPOチャレンジポイントがたまるので、それはそれでOKです!
 
 

証券会社には主幹事証券、副幹事証券、幹事証券と3種類がありますが結論から言うと、主幹事証券のほうが新規公開株を優先的に多く売ることが出来るため、当選しやすいのです。

株主優待はどんなものが予想されるか。

配当のほかに気になるのが株主優待です。
 
 
鉄道会社と言えば、やっぱり乗車券の割引券、優待券でしょうか。
 
 
あとは関連企業の観光施設やデパートなどの優待券です。
 
 
他にも不動産や飲食店の関連企業もあります。
 
 
JR九州は多種多様なグループ企業がありますので株主優待券は楽しみの一つです。
 
 
九州にお住まいの人なら使う機会が出てくると思います。
残念ながら僕は関東なので、ほぼ使うことはないと思いますが…
 
 
もしかしたら地元に帰ったときに使うことがあるかも知れません。

 

yufuin

まとめ

JR九州が10月に上場します。
 
 
僕は今回二回目のブックビルディングに挑戦します。
 
 
前回のラインのブックビルディングの失敗を繰り返さないように締め切り前日に再度確認して申し込みます。
 
 
さらにはJR九州の主幹事の一つであるSMBC日興証券の口座開設をこれからしたいと思います。
 
 
これで僅かでも当選の確立があがると信じて。