今回はDIYについてです。
やってみたものの意外とお金がかかった話を書こうと思います。
 
 
DIYという単語は一度は聞いた事があると思います。
 
 
英語のDo It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の頭の文字だけを取ったものです。
 
 
つまり「自分自身でやる」という事です。
 
 
じゃあ何をやるのかと言うと、いわゆる日曜大工です。
 
 
僕は今回自宅の作り付けの棚にフタをつけるという作業をしました。
 
 
業者さんに発注したら、既成のものがないのでオーダーになってしまい高くなることが予想されます。
 
 
じゃあ自分でやろう」という事になったのです。
 
 

BEFORE
shelf1

 
 

AFTER
shelf2

 

どうでしょうか。
 
 
まずまずの出来ではないでしょうか。
 
 
ただし、思った以上に材料費がかかってしまいました。
 
 
どのくらいの費用がかかったのか細かく見てみます。
 

スポンサーリンク

DIYは場合によっては材料費、工具代が結構かかります。

自宅近所には残念ながらお手軽なホームセンターが何も無い為、全ての材料を東急ハンズで揃えました。
 
 
購入したものはこちらです。
 

  • 板2枚 約2500円
  • ペンキ 約900円
  • はけ  約200円
  • 紙やすり 約80円
  • 丁番  約550円
  • 木材カット工賃 約500円

 

レシートが残ってない為、覚えている範囲ですが総額で4,700円ほどしたのを覚えています。
 
 
板は本当は一枚購入して三等分に出来れば良かったのですが、どうしてもサイズの関係で、ほんの少し足りず2枚購入になってしまいました。
 
 
100円ショップのスノコを買って、ばらしてボンドで接着する方法も検討しましたが、一枚の板を使うほうが頑丈ですし、なによりも時間の節約になると思い今回はコスト高めですが板で製作する事にしました。
 
 
DIYは100円ショップで材料を揃えるとかなり安く製作できます。
 
 
色々な方法がネット上にありますので参考にされるといいと思います。

狭小住宅では、飾り棚はモッタイナイスペース。

何故わざわざ棚にフタをつけるのか
 
 
BEFOREのままでもいいじゃないかと思われるかも知れませんが、我が家は狭小住宅なのです。
 
 
飾り棚なんかしてる余裕はないのです。
 
 
そこで、棚にストックのトイレットペーパーや掃除道具を置こうという事になったのです。

 

 

shelf4

 

 

流石にトイレットペーパーむき出しでは、景観を乱すのでフタをつけることにしました。
 
 
フタにせずとも、100円ショップのミニサイズの突っ張り棒と布で激安でカーテンのようなものを作ることも可能ですが、そこはこだわって木の板でフタを作ることにしました。

時は金なり、時間を考えるとDIYは割りに合わないのかも。

今回の棚は二日かかっています。
 
 
一日目は材料を買いに東急ハンズへ。
 
 
ハンズと自宅との往復で2時間ほどかかっています。
 
 
板のペンキ塗りは1時間ほどで出来る作業で、誰でも簡単に出来ます。

 

 

shelf6

 

 

あとは完全に乾くまでそのまま放置です。
 
 
そして二日目に丁番を使って、棚に取り付けて完成です。

 

 

shelf5

 

 

二日目の丁番の取り付けは、僕は今回初めてですし何もわからない状態からで、まずはネットで丁番の取り付けの方法から調べました。
 
 
まず丁番なんてモノ知りませんし、丁番の種類も色々あります。
 
 
簡単で初心者でも取り付け可能な丁番を選らんで取り付けましたが、正確に取り付け場所を計測し、ずれる事なく取り付けるのはなかなか大変で2時間ほどかかりました。
 
 
下調べから、材料購入に出かけ、製作時間を考えると結構な労働時間になります。

まとめ

節約しようと思いDIYをすると材料によっては出費が大きくなることがあります。
 
 
さらには、DIYは多少の技術が必要な場合があるため、難易度が高いものに挑戦すると失敗する可能性があります。
 
 
必ずしも自分が納得いくものが出来る保証はありません。
 
 
最悪の場合は、失敗して材料費が全て無駄になってしまうことも考えられます。
 
 
逆に、納得のいくオリジナルの自分だけのものが出来る場合もあります。
 
 
また、工具などが全く無い場合は、工具から揃える必要があります。
 
 
たった一度のDIYをするためだけに、工具をあれこれ揃えるのはかなり勿体ないのでオススメはしません。
 
 
材料費、製作にかかる時間、総合的に考えて節約になる場合にのみオススメします。