【追記 2017年4月1日】
2017年3月31日をもってファミマTカード(クレジット)でのラインペイチャージは出来なくなりました。


 
 
無印良品ネットストアで靴を購入する機会がありましたのでラインペイカードが使えるか試してみました。
 
 
結果、普通に使えます。
 
 
靴は実際に履いてみない事にはサイズ感が分かりませんので、本当は実店舗で試着してからそのまま購入の予定でした。
 
 
しかし、店舗に下見に行ったものの目的の靴は無かったので、いくつか靴を試着して大体の「無印サイズ感」というものは分かったので、あとはネットで購入する事にしました。
 
 
今回購入したのはこれ!
 
 

muji-shoes

 
 
同じタイプの靴は店舗で試着できませんでしたが、レビューもなかなか良かったので購入することに決めました。
 
 
しかもセールで税込4,980円の商品が30%OFFの税込3,486円です。
 
 
ただし、ネットストアでは5,000円未満では送料がかかってしまう為、他の商品をあれこれ探しました。
 
 
消耗品を探したところ、化粧水と妻の美容ジェルを購入すると5,000円を越えたのですが、何だか無理やり感があります…
 
 
他の商品も色々見ていると、「いっしょ割」と言うものをやってました。
 
 
今回目的の靴も「いっしょ割」の対象なので同じものを2足購入することにしました。
 
 

muji-shoes2

 
 
僕はいつも同じようなデザインを履くので、あれこれデザインが欲しいタイプではありません。
 
 
いずれ消耗してしまう靴を2足購入することには全く問題ありません。
 
 
2足購入すると税込5,578円です。
 
 
もともと30%OFFだったものが更に20%OFFになりました!
 
 
1足あたり税込2,789円になりました。
 
 
5,000円も越えましたし、さらに20%OFFでかなりお得な気分になりました。
 
 
決済画面に行くと、JCBマークがあるので、もしやと思いラインペイカードで決済を行うと、普通に決済完了で出来ました。
 
 
つまり、ここでまた2%得することになりました。
 
 
ラインポイントは今回110ポイント溜まりました。
 
 
line-muji
 
 

スポンサーリンク

ラインペイカードがあればMUJIカードは必要ない?

正確には、ファミマTカード(クレジット機能付き)を持っていればという事になります。
 
 
無印良品は店舗でMUJIカードを使うと1.8%の還元率になります。
 
 
もうこの時点でラインペイカードの2%の方が上回っています。
 
 
無印良品ネットストアではMUJIカードを使うとボーナスポイントが付くため3%還元率です。
 
 
ラインペイカード単独使用では2%なので1%負けていることになります。

 
 
ここで登場するのがファミマTカード(クレジット機能付き)です。
 
 
ラインペイカードをチャージする際にファミポートで出力して、レジで支払う時にファミマTカード(クレジット機能付き)で支払うと0.5%還元です。
 
 
これをカードの日の「火曜日、土曜日」に行うと2倍の1%還元になります。
 
 
ラインペイカード使用時の2%と合わせると、合計3%というわけです。
 


 
なんと、MUJIカードと同じ還元率です。
 
 
僕は、現在ファミマTカード(クレジット機能付き)を申し込みしている段階なので、届き次第に次回からのチャージはファミマTカードでいきます。
 

 

ラインペイカードをネットで使うには常にある程度チャージが必要

ネットでラインペイカードを使って決済するには、常にある程度はチャージしておかなければなりません。
 
 
僕も、今回チャージ金額が3,000円ほどしかなかった為、わざわざ近所のファミマへチャージしに行ってからの購入です(笑)
 
 
結構面倒ですよね。
 
 
オートチャージをすればいいのですが、僕は今のところ銀行登録をまだしたくはありません。
 
 
そして本人確認もしたくない為、しばらくはコンビニチャージで使っていく予定です。
 
 
これは完全に僕の考えなのですが
 
 
ラインの乗っ取りが過去に沢山ありましたし、機種変更の時にもし失敗してラインアカウントをまっさらから作る事になってしまう事になると面倒な気がした為です。

まとめ

ラインペイカードを使うと、ほとんどのクレジットカードの還元率を越えてきます。
 
 
僕が持っている入会金、年会費無料のカードで、最も還元率がいいカードでも1.5%です。
 
(ここではカード発行元で使用する時のボーナスポイントなどを除き、通常使用での還元率の場合とします)
 
MUJIカードの場合は店舗での使用で1.8%、ネットストアで使用しても3%と、ラインペイカードをファミマTカード(クレジット機能付き)チャージで使用した時の還元率と同じです。(カードの日チャージ)
 


 
勿論、カードを作る時にはカードによって入会時に貰える特典などが様々ありますが、特典を除いた場合、もしくは特典を使い切ってしまった場合は、3%還元になるラインペイカードを使ったほうが節約できる場合が多いことになります。