古くなったスーツや着なくなったスーツがずっとクローゼットに眠っていることは良くあると思います。
 
 
僕は普段仕事でスーツは着ません。
 
 
着るのは1年に一度有るか無いかです。
 
 
大学の入学式の時に初めて購入したスーツから、仕事で必要になる予定で比較的、最近購入したスーツまで、全部で6着ほどあります。
 
 
しかし今はどれもこれも全く着る機会はありません。
 
 
そこで処分方法を色々考えていたのですが、一着はヤフオクで数着を処分することにしました。
大学入学時に購入した15年以上前のスーツですが結果2,600円で落札されました。
 
 
捨てるよりは全然いいですよね。
 
 
もう一つの方法としては、今は大手のスーツ量販店では下取りという形で引き取ってくれます。
 
 
ブランド物の高価なスーツの場合はブランド専門の買取業者の方がいいです。
 
 
ではスーツの大手量販店3つの下取り状況などをみていきます。
 

スポンサーリンク

洋服の青山の場合

日本全国にありますので、一度は街中で見かけたことがあると思います。
 
 
洋服の青山ではスーツ下取りの場合、商品割引券として交換してくれます。
 
aoyama
 
スーツ、フォーマルが20,000円OFFになる割引券です。
 
 
39,000円(税抜)以上のスーツやフォーマル購入で使用できます。
 
 
フォーマルも20,000円OFFです。
 
 
ほぼ半額になるという感じですね。
 
 
これはかなりお得と思いきや……
 
 
ホームページにあるクーポンを印刷して持っていけば、実はそれでも半額になります!
 
 
39,000円(税抜)以上メンズスーツ半額、フォーマルは16,000円引きです。
 
 
WEBクーポンではフォーマルは20,000円引きではなく16,000円引きです。
 
 
もしくは、ネットでのオンラインショップで39,000円(税抜)以上のメンズスーツを購入することでも半額になります。
 
 
つまり20,000円OFFを大々的に宣伝してますが、下取りとは言いつつも、この下取りスーツは無くても、クーポンかオンラインショップで購入すれば半額になるので、ほぼ無料で引き取っているという事と変わりません。
 
 
逆に、このホームページのクーポンやオンラインショップを知らずに39,000円(税抜)以上のスーツを購入するとかなりモッタイナイ事になってしまいます。

AOKIの場合

僕も新宿のAOKIでスーツを購入した経験があります。
 
 
その時は副店長さんが接客してくれたのですが、若い店員さんで凄く親切に感じよく接客してくれたのを覚えています。
 
 
自分のお店のAOKIだけの事ではなく、近隣の競合のスーツ販売店の良い所や特徴までも詳しく説明してくれました。
 
 
こういう店員さんが居ると逆にAOKIで買おうかなと思いますし、実際にAOKIで購入しました。
 
 
さて、話がそれましたが、AOKIの下取りも20,000円引きの商品クーポン券という形です。
 
aoki
 
クーポン券は39,000円(税抜)以上のメンズスーツ、礼服で20,000円引きで利用できます。
 
 
洋服の青山と全く同じような感じです。
 
 
AOKIもオンラインショッピングが出来ます、39,000円(税抜)以上のスーツが半額、礼服16,000円引きで購入出来ます。
 
 
ウェブ上で、39,000円以上のスーツが半額になるクーポン、39,000円以上の礼服が16,000円引きになるクーポンが配布されていますので、これを印刷して持っていけば店頭でスーツを半額で購入できます。
 
 
スーツのデザインに好き嫌いや、差があるものの、洋服の青山とほぼ同じ内容です。
 
 
結局は、スーツ下取りはしてもしなくても、ほぼ20,000円引きになるという事です。
 
 
※必読※
その後、実際に僕がAOKIでスーツを購入して分かったことはコチラ。

はるやまの場合

はるやまでもスーツの下取りがあります。
 
haruyama
 

はるやまの場合もスーツ下取りで、メンズスーツ、礼服が20,000円引きとなります。
 
 
ただし、はるやまの場合は、「AOKI」と「洋服の青山」よりも1,000円だけ安い38,000円(税抜)以上のメンズスーツ、礼服で利用できます。
 
 
この1,000円の差が何かなるのかと言うと微妙なところです。
 
 
そして、はるやまでも店頭で使用可能なクーポンがWEBにて配布されています。
 
 
39,000円(税抜)以上のスーツは半額、39,000円(税抜)以上の礼服は16,000円引きです。
 
 
他の2つの量販店と全く同じ内容ですね。
 
 
オンラインショッピングでは、半額や最大80%OFFなどのセールがいつも開催されています。

まとめ

大手量販店の下取りでの20,000円引きはどこも共通ですが、下取りのスーツが無くても、オンラインショッピングや、WEBクーポンを使うことで同様に半額で購入することは可能です。
 
 
つまり、下取りに出したからと言って本当に20,000円近くもお得かと言えばそうではないという事です。
 
 
不要なスーツを捨てるならリサイクルという名目や、地球に優しい人を目指すのならば持ち込むのはありですが、ヤフオクをやってる人ならヤフオクで売ったほうがメリットがあります。
 
 
【追記 2016年9月19日】
 
※必読※
その後、僕がAOKIでスーツを実際に購入して分かったことはコチラ