僕の家は狭小住宅のため、夏になって必要が無くなった掛布団を片付ける場所がありません。
 
 
しかも妻のものもありますので2枚です。
 
 
今後、子供の分も必要になってくるのでいずれは3人分の掛布団の保管場所が必要になります。
 
 
もうここまでなると正直無理です……
 
 
そこで利用しているのが、掛布団を丸洗いしてくれる業者さんです。
 

スポンサーリンク

掛布団を丸洗いしてくれて、更に最長8カ月間保管してくれる!

今回は、楽天にある「快眠ショップ スウィートドリーム」を利用しました。
 
 
費用は、妻の分と二枚の掛布団で税込 9,288でした。
 
 
掛布団を丸洗いしてくれる業者はいくつかあるのですが、ここは何と、最長で8カ月間も預かり保管してくれサービスが付いてます!

 
 
これが決め手となり今回はこのお店にしました。
 
 
勿論メインは、掛布団の丸洗いなのですが、みつお家のような狭小住宅に住んでいる人にとって、この保管サービスはかなり嬉しいサービスです。
 
 
だって冬以外の不要な時は、ずっと預かってくれるという事になります。
 
 
最長8カ月間という事は
 
 
ほぼトランクルームのような利用方法が出来るという事です。
 
 
独身時代の一人暮らしの時にも掛布団の保管場所には本当困っていました。
 
 
マンションやアパートって洋服を片付けるクローゼットはあっても、布団を片付ける場所まではなかなか無いですよね。
 
 
凄く広いお部屋の場合は別ですが…
 
 
僕のように、ベッドの下のほうに、たたまれて置かれている状態の人も結構多いのではないでしょうか。
 
 
夏なんか、大量の汗もかきますしかなり不衛生な状態になってしまいます。
 
 
それに年に一度はやっぱり綺麗に洗濯はしておきたいですよね。

お布団預かり期間があればコスト面を考えても安い。

まず、預かり期間が最長で8カ月間で、お届け月と、お届け時期(上旬、中旬、下旬)を選ぶことが出来ます。
 
 
今回僕は、お届け月は10月、お届け時期は下旬を選択しました。
 
 
7月に発送しましたので保管期間は大体4カ月という事になります。
 
 
掛布団2枚で、税込 9,288円。
 
 
往復送料込み、4カ月保管、そして丸洗い。
 
 
僕は今、実際に自宅の近所にトランクルームを借りていますが、凄く狭くても月に1万円します。
 
 
これを考えると、コミコミでこの価格は安いと思います。
 
 
掛布団1枚のコースもありますが、そちらは税込 6,804円とちょっとだけ一枚当たりの値段があがります。
 
 
こたつ布団もOKという事なので、こたつを使っている一人暮らしの方は、こたつ布団と掛布団を2枚コースで使うという方法がいいと思います。
 
 
ちなみに、もし急に布団が必要になった場合は、連絡すると通常3~5日で出荷するという事なので、ひとまず最長の8カ月間を選んでおいて必要になったら連絡するという方法でもいいですね。

注文して自宅から発送まで3日程で完了。

楽天で「ポチ」っと購入してから、2日後には自宅に「発送キット」が届きました。
 
 
これはポスト投函されるので自宅に不在の場合でも問題ありません。
 
 
中身は
 

  • 発送の大きな袋やタグ
  • ゆうパックの伝票
  • その他書類

 
大体このようなものです。
 
 
あとは、書類に簡単に目を通して依頼伝票に記入し、いよいよ掛布団の梱包です。
 
 
「おふとんの状態」は特に気になるものは無かったので今回は6番のその他にしました。
 

 
 
梱包と言っても、布団にタグをつけて、送られてきた袋にいれてチャックして「はい、完成」です。
 
 
3分で終わります。
 
 
futon2
 
futon1
 
 
凄く簡単です。
 
 
あとは、書類に書いてあるゆうパックのフリーダイヤルに電話します。
 
 
ゆうパックの着払いの伝票がついているので発送費用は掛かりませんし、返送時の配送費用も、購入時の税込 9,288円に含まれているのでかかりません。
 
 
僕の場合は電話した2時間後には集荷に来てもらえたので、すぐに自宅が片付き助かりました。
 
 
楽天で「ポチ」っと注文から3日で発送までの全ての工程を終えることが出来ましたので急ぎの場合でも十分対応できます。
 
 
もしかしたら早い人では2日で全て完了出来る人もいるかもしれません。

まとめ

夏になると毎年、こたつ布団や掛布団を片付けるスペースがない人は、長期保管サービス付きの丸洗いがオススメ、まるでトランクルームのような利用方法が可能です。
 
 
一年使用して汚れたものを自宅にそのまま置いておくのは不衛生、かつ部屋が乱れ心も乱れます。
 
 
節約を継続するにあたって常に部屋を綺麗に維持する事は、実は凄く大切だったりします。