電気代、ガス代に続き今度は水道代をクレジットカードで支払うと安くなるのかを検証してみます。
 
 
これで光熱費が全部出揃うことになります。
 
 
ちなみに電気代、ガス代はこちらの記事をどうぞ。

 


 

東京の水道の場合は、口座振替によって月に54円の割引があります。
 
 
年間648円です。
 
 
水道代は二ヶ月に一度の支払いになりますので毎回108円の割引が適用されていることになります。
 
 
今回で光熱費が全部出揃ったわけですが、みつお家の場合は口座振替による割引は電気、水道、ガス全て月に54円と言うことです。
 
(使っている各会社で変わります)
 
全てにおいて年間648円の割引よりも、クレジットカードの還元による割引金額が大きくなる場合にのみクレジットカードへの変更がお得になります。
 
 
今回の口座振替割引の金額は、僕が使っているそれぞれの会社の場合なので、住んでいる地域によって、もしくは使っている会社によって異なります。
 

スポンサーリンク

今回も一年分の水道代を調べてみました。

みつお家の一年間の口座振替での金額です。

支払月 支払料金 1%還元カード 1.5%還元カード
2015年6月 —–円 —–円 —–円
2015年7月 8,710円 87円 130円
2015年8月 —–円 —–円 —–円
2015年9月 8,710円 87円 130円
2015年10月 —–円 —–円 —–円
2015年11月 10,136円 101円 151円
2015年12月 —–円 —–円 —–円
2016年1月 10,136円 101円 151円
2016年2月 —–円 —–円 —–円
2016年3月 8,457円 84円 126円
2016年4月 —–円 —–円 —–円
2016年5月 11,117円 111円 166円
年間総額 57,266円 571円 854円

※100円未満切捨てになるのでクレジット割引額は年間支払総額の1%では有りません。
 
 
月に54円の割引ですが、二ヶ月に一度の引き落としなので二ヶ月分108円が毎回割引されます。
 
 
つまり支払い時に108円より数字が大きければ、クレジットカードが有利という事になります。
 
 
1%還元のクレジットカードの場合は年に一度だけ口座振替よりも節約になります。
 
 
648円(口座振替割引)-571(1%還元クレジットカード)=77円
 
 
年間にして77円の差があり、口座振替の方がお得という結果になります。
 
 
しかし
 
1.5%還元のクレジットカードでみた場合は
 
 
854(1.5%還元クレジットカード)-648円(口座振替割引)=206円
 
 
206円の差があり、1.5%還元のクレジットカードを使ったほうが節約になります。

 
 

1%還元のクレジットカードの場合に77円差というものに関しては、支払金額で言うと7,700円分です。
 
 
7,700円分を1年、12ヶ月で割ると一月で641円です。
 
 
今までと同じ生活スタイルの使用で、毎月確実に641円分の水道代が増えるという事は考えにくいので口座振替の方がお得ですね。
 
 
ただし、やはり光熱費全てにおいて言えますが1.5%還元のクレジットを持っている場合は直ぐにでも変更にしていいという結果です。

水道代もnanacoで支払い可能です。

光熱費をコンビニで支払っている人は、勿論nanacoで支払いが可能です。
 
 
nanacoへのチャージをクレジットカードでしている場合はクレジットカードの還元ポイント分がそのまま節約になります。
 
 
「nanaco持ってる!」
 
 
「いつもコンビニで払ってる!」
 
 
という人にはオススメの節約方法です。
 

まとめ

僕が使っている、電気、ガス、水道代は全て口座振替で54円の割引になるため年間648円の割引額になります。
 
 
みつお家のように光熱費の使用が多くない場合、楽天カードなどの1%還元クレジットカードでは、口座振替の方がお得な事が分かりました。
 
 
家族が多く使用量が多い場合や1.5%還元のカードで支払う場合は、口座振替よりもクレジットカードでの支払いの方がお得になります。
 
 
光熱費の割引に関しては使っている会社で異なる為、まずはあなたが使っている光熱費の口座振替割引がいくらなのかと知ることから始めるといいと思います。