みんな大好きなアプリ、LINEがついに7月15日の上場します。
 
 
最近ではラインペイでも大人気です。
 


 
 
随分以前から、いつ上場するのか注目されていただけにかなり話題になっています。

 

lineipo1

 

僕も以前から注目していて、親会社のNaver Corpの株を買おうかと考えたこともありました。
 
 
あの「Naverまとめ」で有名なNaverです。
 
 
結局はNaver Corp銘柄は買わなかったのですが、今回「LINE株式会社」の新規公開株の購入申し込みをついにしました!
 
 
待ちに待ってやっとという感じです。
 
 
ただし今回申し込みをしただけで、まだ絶対購入できるという事ではありません。
 
 
これで抽選に参加できるというだけです。
 
 
当選してやっと、晴れて「LINE株式会社」の株を購入する事が出来ます。
 
 
かなりの倍率になると思いますので、実は当選するとは思っていません。
 
 
今回僕は初めて、IPO(新規株式公開)にチャレンジをするので、まずは「試しにやってみた」という感じです。
 
 
なので普通に申し込みを行っただけです。
 
 
本気で買う気がある人は、少しでも当選確立を上げるために家族分の口座を開設して申し込みをするようです。
 

スポンサーリンク

IPOって何?

「Initial Public Offering」の略でまだ上場していない株式会社が、これから証券市場に新規に株式を上場する事です。
 


 
新規に株式を公開する事で投資家は株を売買する事が可能になります。
 
 
また、上場するという事はこれからその企業は成長が期待できると言う意味もありIPO銘柄は公開価格よりも初値があがる事がよくあります。
 
 
ある期間一年分を見ると、初値が発行価格よりも2倍以上もアップしたと銘柄が30%以上いうデータもあるほどです。
 
 
特に今回のLINEのような銘柄は値上がりが期待できます。
 
 
ただしこれはあくまで僕の個人的な考えで、必ず上がるという事ではありません。
 
 
上場してすぐは乱高下が激しい場合があり、僕は以前にIT関連企業の株を上場後に購入して失敗した経験もあります。

LINE株式会社の100株を申し込みました。

僕は今回100株を申し込みました。
 
 
ブックビルディングという方法で申し込みを行います。
 


 
いくらで購入できるかは、まだ分からないのですが、1株あたり2,700円~3,200円ほどで仮に決まっています。
 
 
もし今回当選したら30万程で購入出来る事になります。
 
 
万が一これが先ほどのように2倍にでもなったら一気に30万ほどプラスになります。
 
 
そんなに単純にうまくいくものではありませんが……
 
 
ちなみに、もし当選しても「購入しない」という事も出来ます。

 

まとめ

LINE株式会社がついに7月15日の上場します。
 
 
今回僕はSBI証券で申し込みを行いました、申し込み方法はブックビルディングという方法で時間的には3分もかからない程でした。
 
 
もし抽選の結果、当選した場合は100株30万円程度になると思います。
 
 
本気で購入したい人は家族分の口座を開設し申し込みを行う事で当選確率が上がります。
 
 
今回のIPOの申し込みは7月8日(金)11時迄です。
 
 
LINE株式会社が上場すると関連企業や親会社であるNaver Corpの株も注目ですね。
 
 
もし当選しましたらまた記事にしたいと思います。