僕が持っているクレジットカードで最高還元率は1.5%なので、LINE Payカードの還元率2%はダントツトップに躍り出ました。
 
 
LINE Payカードを使ってお買い物すると100円につき2ポイントが貯まり、1,000ポイント貯まるとLINE Payカードの残高へと反映することが出来ます。
 
 
50,000円使うと1,000ポイント貯まる計算です。
 
 
クレジットカードとは違い、プリペイドカードなので、チャージする必要はありますが無料で発行出来るカード類ではトップクラスです。
 
 
nanacoは競合というところでしょうか。
 
 
ちなみにnanacoは発行する際に300円かかります。
 
(一応無料で作る方法もあります)
 


 
今僕はnanacoへチャージしているクレジットカードが楽天カードなので1%還元です。
 
 
nanacoチャージ時にクレジットカード1%分+商品購入時にnanaco自体に1%分の合計2%です。
 
 
チャージしているクレジットカードが1%還元の場合は、つまりLINE Payカードと同じ還元率になります。
 
 
「じゃあLINE Payカードにもクレジットカードでチャージすれば最強じゃん!」
 

 
という事になります。
 
 
ちなみにLINE Payカードはセブンイレブンで使うことが出来るというのが面白いです。
 
 
チャージできる上限金額も10万円(本人確認無しの場合)なので、ここもnanacoの場合のセンター預かりを入れると同じです。
 
 
ラインペイは今のところ公共料金は支払えないので、この点はnanacoに軍配があがります。
 
 

スポンサーリンク

LINE Payカードはどこで使うことが出来るの?

利用可能な代表的なお店をいくつかあげてみます。
 
 
【コンビニ】

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • サンクス

 
 
【スーパー】
 

  • イトーヨーカドー
  • 西友

 
 
【その他】
 

  • カラオケ館
  • 魚民
  • 白木屋
  • コジマ
  • ビックカメラ
  • GEO
  • エディオン
  • 甘太郎
  • ケーズデンキ
  • ZOZOTOWN
  • FOREVER21
  • GROUPON
  • HMV

 
 
他にも
国内外のJCB加盟店約3,000万店舗で利用でき、ドラッグストアや、飲食店、カラオケ、デパート、様々なところで使えます。
 
勿論、WEB上のオンライン決済の際にもクレジットカードのJCBの代用として使うことが出来ます。
 
今後も利用できる範囲は増えていくと思うので是非持っておきたいカードです。

LINE Payカードの作り方。

スマホのアプリ「LINE」をまだ始めてない人は、まず「LINE」のダウンロードからになります。
 
 
あとは「LINE」からカードを簡単に作ることが出来ます。
 
 
僕は3分もかからずに申し込みが終わりました。
 
 
まずはここをタッチします。

 

line1

 

次にカードの種類を選択出来ます。
僕は今回黒いカードを選びました。

 

 

line2

 

 

次に名前を入力します。

 
line3

 

 

次に郵便番号。

 
line4

 

 

次に住所を登録します。

 
line5

 

 

次に7桁のパスワードの設定です。

 

 

line6

 

 

あとはカードが手元に届くのを待つばかりです。

 

 

line8

限度額は、本人確認を行うか否かで変わります。

「初期設定の本人確認を行わない場合」
 

  • 残高限度額 10万
  • 一回あたりの利用限度額 10万
  • 一カ月あたりの利用限度額 10万

 
 
「本人確認を行った場合」
 

  • 残高限度額 1000万
  • 一回あたりの利用限度額 100万
  • 一カ月あたりの利用限度額 上限なし

 
上限なしというのはちょっと怖いような気もしますが、僕はひとまず、「本人確認なし」で10万円でしばらくは様子をみるつもりです。

 

line9

まとめ

ポイント還元率2%はかなり優秀なカードである事は間違いありません。
 
以下の方法を使えば最低でも「3%還元」でラインペイを使う事が出来ます。
 


 
nanacoのように公共料金は今のところ支払えませんが、大手コンビニではどこでも使えるので一枚持っておきたいカードです。
 
 
本人確認をしない場合はチャージ限度額は10万円です。
 
 
手元にカードが届きましたらまた記事にしたいと思います。
 
その記事はコチラ