自転車に乗ってますか?
 
 
僕は車を持っていませんので、電車と自転車で行動することがほとんどです。。
 
 
自転車で自分が事故に遭ってしまった場合も大変ですが、他人を怪我させてしまったりしたらもっと大変です。
 

jiko_jitensya

 

たまに、ニュースで賠償金の話を耳にします。
 
 
小学5年生の子供が自転車で67歳の女性と事故になり、女性は寝たきりで意識が戻らない状態になった事例があります。
 
 
そして小学5年生の子供のお母さんに、「監督義務を果たしていない」という理由で、裁判所はなんと約9500万円という高額賠償を命じたのです。
 
 
しかも専門家もこの高額賠償を「妥当」と評価しています。
 
 
一般的な家庭にはこんな額は支払えるはずがありません。
 
 
こうなると自己破産するしかありません…
 
 
節約どころの話ではなくなってきます。
 
 
今、子供とお母さん側から見ましたが、この67歳の女性やご家族からしたら、この後に続くであろう介護の精神的な負担や費用は相当なもので、高額賠償は当然なのかもしれませんし、もしかしたらこれでは不十分かも知れません。
 
 
ニュースになってない事例がきっと他に沢山あるはずです。
 
 
大人なら無茶な運転をする事も減りますが、子供はヤンチャな運転をする事が本当に多いです。
 
 
それは、僕もあなたも子供の頃の自転車を思い出したら分かりますよね。
 
 
今考えると恐ろしくなります。
 
 
自転車保険や特約の個人賠償責任補償は決して高いものではないので入っておくべきです。
 
 

スポンサーリンク

自転車保険と特約の個人賠償責任補償との違い。

自転車保険はそれ一つの単体の保険です。
 
 
特約の個人賠償責任補償は、何かの保険にプラスして追加できるオプションの保険のようなものです。
 
 
僕の場合は火災保険の特約にこの個人賠償責任補償をつけています。
 
 
家族の一人がこれに入ってると、配偶者も子供も適用されるので安心です。
 
 
僕の場合は火災保険を一気に36年分を払い込みしましたので、この特約の個人賠償責任補償も36年分一度に支払っています。
 
 
特約だけの金額で言うと36年で28,040円です。
 
 
一月で計算すると、たった65円です。
 
 
しかも家族3人分です。
 
 
これで家族みんな自転車に乗っても安心というわけです。
 
 
僕の場合は一度に払った為、極端に安いのですが、通常でもかなり安いので入っておくべきだと考えています。
 
hokensyouken

自転車保険の場合。

1傷害保険(自分向け)と2個人賠償責任保険(他人向け)の二つの役目を持ちます。
 

  1. 自分が自転車事故で怪我をしてしまい入院や通院した際に保険金が支払われます。
  2. 他人に怪我を負わせてしまったり、お店のものを壊してしまったり時に損害賠償金が支払われます。

 
加害者になってしまった場合の二つ目が特に重要なもので、個人賠償責任補償は事故の支払い命令を鑑みても、やはり最低1億円のものは欲しいところです。
 
 
出来れば自転車保険の中でも示談サービスが付いているといいですね。
 
 
最近はクレジットカードにも月額数百円で個人賠償の特約が付けられるところもありますので、割と身近に検討することが出来ますよ。
 
creditcard
 

何かの保険の特約の個人賠償責任補償の場合。

これは自転車保険と違い僕のように、何かの保険にオプションで付けれるものです。
 
 
個人賠償責任の特約は色々ありますが、大体月額100円ほどで出来るものが殆どです。
 
 
これで1億円ほどの賠償をカバー出来るとしたら入って損は無いと思います。
 
 
しかも一人の名義で、例えばお父さんが入っていると家族全員分を補償されるものが殆どなのでお得に入ることが出来ます。
 
 
万が一の事を考えるとこれは外せません。
 
 
ただし自転車保険とは違い傷害保険(自分向け)は有りません、他人向けの補償のみです。

まとめ

自転車に乗るなら、加害者になってしまった場合を想定して保険に入る必要があります。
 
 
何かしらの保険に加入している場合には、特約で個人賠償責任補償を月に数百円で付けることが出来ます。
 
 
何も保険に加入してない場合には自転車保険に入ることで賠償金をカバーできます。
 
 
個人で1億円もの賠償を支払うことは、ほぼ不可能なので自己破産しなければならなくなります。
 
 
最低でも補償金額は「1億円」は欲しいところです。
 
 
既に強制的に加入させられる自治体もありますので、今後はバイクの自賠責保険のように全国統一で義務化したらいいのではと思うほどです。