僕は国民年金なので、厚生年金の人よりも貰える金額がずっと低いという心配があります。
 
 
そこで国民年金の付加年金を支払うことで将来受給時に少しだけ多く受け取ることが出来ます。
 
 
では、いくら払うかと言うと今払っている国民年金に毎月たった400円だけプラスして払います。
 
 
性質が異なりますが、国民年金基金のように月に10,000円ほど納めるものと比べると圧倒的にお手軽だし、たった400円なので全然払えるレベルです。
 
 
将来どのくらい受け取る事が出来るのかと言うと「200円×払った月数」を通常の国民年金に加えて、多く受け取ることが出来ます。
 

スポンサーリンク

付加年金は具体的にどれだけお得なのか、実際に計算してみます。

25年支払った場合(300ヶ月)で見てみます。
 
 
受給時に受け取る金額
 
 
「200円×300ヶ月=60,000円
 
 
受給開始になると毎年、国民年金のみの人より60,000円多く受け取ることが出来ます。

 
 
では25年(300ヶ月)で支払った金額を考えて見ます。
 
 
月に400円支払うので、
 
 
「400円×300ヶ月=120,000円
 
 
と言うことは、なんと60,000円を二年間受け取ると、300ヶ月支払った分の元が取れてしまいます。
 
 
三年目からは丸儲けというわけです。
 
 
生きれば生きるだけ、どんどんお得になっていきます。
 
 
年金は物価によって受給額の増減がありますが、付加年金は定額のため、物価による影響を受けません。
 
 
そのまま「200円×払った月数」が貰えます。
 
 
つまり、もし僕が受給時に物価が今よりかなり上がっている場合は損することもありえます。
 
 
逆に物価が今よりもかなり安くなってしまった場合は得することもあるという事です。

付加年金の申請方法は超簡単。

電話での申し込みやネットでの申し込みは出来ません。
 
 
実際に電話で問い合わせましたが、区役所へ来てからじゃないと出来ないといわれました。
 

kuyasyo

 
区役所の窓口に行くと、案内されますので申請用紙に記入してすぐに終わります。
 
 
そして申し込みしたその月から支払うことが出来ますので、一刻も早く払いたかった僕も急ぎました。
 
 
ちなみに国民年金基金へ加入している人は、付加保険料を納めることが出来ません。

まとめ

付加年金は、今の国民年金に毎月プラス400円を払います。
 
 
たったこれだけです。
 
 
勿論支払いはnanacoでも可能です。
 



 
受給が開始すると、年間「200円×払った月数」を受け取ることが出来ます。
 
 
これが一生続く為、2年で元が取れ、3年目から丸儲けというお得さ満点の制度です。
 
 
国民年金だけでは将来が不安だけど、国民年金基金はちょっとハードルが高いという人には最適です。