ソフトバンクの株主優待が23日木曜日に届きました。
 
 
sb-yuutai1
 
 
株主優待内容はこちら。
 

  • 携帯電話6ヵ月1,000円割引
  • タブレット6ヵ月500円割引
  • インターネット6ヵ月1,200円割引

 
 
sb-yuutai3
 
 
そして、今回の配当金は1株当たり21円。
 
 
100株持っているので2,100円でした。
 
 
ここから税金が恐らく400円以上引かれます。
 
 
インターネット6ヵ月1,200円割引は一戸建ての場合で、僕の場合はマンションなので950円が6ヵ月になります。
 
 
あと僕はタブレットは持っていませんのでタブレット6ヵ月500円割引もありません。
 
 
6,000円(携帯電話6ヵ月分)+5,700円(インターネット6ヵ月分)
 
 
合計11,700円が割引されます。
 
 
配当金2,100円を足して全部で13,800円と言ったところでしょうか。
 
 
ソフトバンク携帯、および自宅でのインターネットがソフトバンクのユーザーにとっては魅力的な株主優待です。

 

スポンサーリンク

ソフトバンク株を購入した理由。

僕がソフトバンク株を購入した頃は、まだ株の事をほとんど理解していない時期です。
 
 
今でもそこまで理解を深めていませんが……
 
 
ただ漠然と
 

  1. ソフトバンクと言う超大企業である事。
  2. 最悪の最悪でも紙切れになる事はないだろう。
  3. ソフトバンクユーザーなので株主優待が使える。

 
この3つを考えた程度で購入しました。
 
 
100株で当時650,000円程しましたので、ソフトバンク株を購入する事で資金的に余裕がなくなってしまい、他にいくつも株を購入することが難しくなってしまいました。
 
 
一度は、売ってしまおうとも思いましたが、既に購入時より結構な値下がりをしてしまった為に、他に3つの銘柄を持ちつつ、結局ソフトバンク銘柄をそのまま持ち続ける事になりました。
 
 
そして更には6月24日、昨日の英国のEU離脱決定により日本株価も大幅に下げ、もれなくソフトバンクも大幅に下落しました。
 
 
他、すべての僕の持っている銘柄はどれもこれも大ダメージです。

ソフトバンク株は今後も持ち続けるのか。みつの場合。

孫さんが起業したのが福岡で、僕と同郷なのです。
 
 
ホークスのオーナーなので応援したい気持ちもありますし、僕がソフトバンクユーザーという事もあるので、よっぽどの株価上昇でもしない限りは今のところ持ち続けたい株です。
 
hawks
 

アローラ氏が退任する事になり一時的に株価上昇。

先日、副社長のアローラ氏が辞める事となり一時的に株価が上昇しました。
 
 
これを市場が好感したのか分かりませんが、事実上の後継者のアローラ氏が退任し、孫さんが社長を続投することによるものとも考えられます。
 
 
アローラ氏はこれまでに大きな成果と言えるものは特にあげておらず、それでも役員報酬は破格の80億円です。
 
 
そしてソフトバンクの投資手法には「趣味的」だと批判しています。
 
 
高給取りで、大きな成果はあげてないけど、批判はするというアローラ氏。
 
 
なかなかやりますね…
 
 
株主としてはアローラ氏に役員報酬約80億円をぼったくられた気持ちになります。
 
 
ほぼ持ち逃げされたような感覚に陥るのは当然ではないでしょうか。
 
 
色々な情報を読むと、最終的には孫さんと合わなかったのだと思います。
 
 
どちらも超一流の方ですから、譲れない部分でぶつかり合うのも納得なのです。

今後も孫社長に期待しています。

今回、孫さんが続投する結果になりよかったと思います。
 
 
そして何よりも<ソフトバンクをここまで大きくしてきたという確かな実績があります。
 
 
後継者を育成する目的で設立されたソフトバンクアカデミアも終了し、後継者問題は今後もありますが、まだまだ孫社長には長く頑張って欲しいところです。
 
 
そして携帯事業とヤフーの二つの金のなる木がある限りは、暫く安泰ではないでしょうか。