我が家にも健康保険料の納付書が送られてきました。
 
 
毎年6月頃は、次から次に納付書が送られてくるのでなかなか辛いものがあります。
 
 
固定資産税に住民税、そして健康保険料…
 
 
さらに国民年金。
 
 
いつ送られてきても支払額は変わらないのですが、こう立て続けに送られてくると何だか精神的にダメージがあります。
 
 
もし、少しでも安くなったり、節約出来たらいいですよね。
 
 
僕も以前は何の知識も節約意識も無かった為、納付書を全て現金で支払っていましたが、今ではnanacoで支払って節約しています。
 

スポンサーリンク

国民健康保険料をnanacoで支払って節約。

納付書はセブンイレブンでい払うことが出来ます。
この時にクレジットカードでチャージしたnanacoで支払います。
 
 
そうする事で、チャージした時のクレジットカードの還元ポイント分が貯まり節約できます。
ちなみに、光熱費や税金支払いでnanaco使用での「通常のお買い物ポイント1%」はつきません。
 
 
例えば、僕はnanacoのチャージにはリクルートカードを使っています。
 
 
リクルートカードは1.2%還元なので、このポイントが貯まります。
 
公式サイト
リクルートカード
 
 
ちなみに、nanacoへチャージする際に、クレジットカードなら何でもいいと言うことではありません。
 
 
各カード会社の改悪が続き、nanacoへのチャージでポイントが付くクレジットカードはかなり限定されます。
 
 
更に、限度額が設定されているカードもあります。

国民健康保険料を含め、4種をnanacoで支払うことが可能です。

  • 国民年金
  • 固定資産税
  • 住民税
  • 国民健康保険料

 
国民年金の場合は、わざわざnanacoを通さずともクレジットカードで直接払えます。
 
 
しかし、「6ヶ月前納」「1年前納」をする場合は2月末日までに申し込みしなければなりません。
 
 
申込期日までに、間に合わない場合にはnanacoで支払えば節約できます。
 


 
固定資産税、住民税に関してはクレジットカードで支払える自治体と支払えない自治体があります。
ただし、クレジットカードで支払うとしても手数料がかかるので、そもそもクレジットカード支払いは節約になりません。
 
 
ちなみに、以前はファミリーマートにてファミマTカードでクレジット支払いが出来ましたが今では支払不可です。
 
famimat

国民健康保険料は、分割も一括も支払い金額に差額なし。

国民健康保険の場合は分割での支払いと、一年分一括での支払いが出来ます。
 
 
しかし一括で支払った場合でも割引がありません。
 
 
唯一、一括支払いで割引が適用されるのは国民年金です。
 
 
僕は、国民健康保険料は毎月支払うことにしています。
これは、リクルートカードのチャージ限度額があるからです。
 
詳細はコチラの記事を参照。

国民健康保険料をnanacoで一括で支払いたい場合。

nanacoへチャージするクレジットカードをリクルートカード(1.2%還元)にした場合は、チャージ限度額(月間3万円)の問題で一括で支払うことが出来ませんが、他の方法ならあります。
 
 
Yahoo! JAPANカードを使う方法です。
 
 
Yahoo! JAPANカードは基本は1%還元ですが、nanacoへのチャージの場合には0.5%になります。
 
 
ただし、チャージ限度額というものは設定されていません。
 
 ということで、どうしても一括で済ませたいという人はYahoo! JAPANカードでガンガンチャージする事で一括支払いが可能です。
 

nanaco自体には表に5万円、裏に5万円の合計10万円チャージ可能

nanacoは、すぐ使える分5万円と、さらにセンター預かりという形でもう5万円をチャージすることが出来ます。
 
 
合わせて10万円分を一枚のnanacoで持つことが出来ます。
 
 
もし一括での納付書で支払う場合、支払いが9万円だった場合は、nanacoに現在入っている表分の5万円で支払って、レジで「残りをセンター預かりでお願いします。」と言えば店員さんがやってくれます。
 
 
一括納付書が10万円を超えた国民健康保険料を一括で支払う場合はnanacoは二枚必要になります。
 
 
一枚のnanacoには一枚のクレジットカードしか登録出来ないためです。
(クレジットカード変更は可能ですが24時間かかります)
 
 
僕は一応、二枚のnanacoを持っています。
 
 
一枚はリクルートカードで、もう一枚はYahoo! JAPANカードを登録しています。

まとめ

国民健康保険はnanacoで支払うことで簡単に節約できます。
また、一括で払っても分割で払っても、支払い総額は同じです。
 
 
リクルートカードのチャージ限度額が3万円までなので、保険料の支払いが3万円以内なら毎月1.2%還元の節約が出来ます。
 
 
3万円以上の保険料になる場合は、Yahoo! JAPANカードを登録したnanacoの二枚もちがオススメです。
 
色々な税金や支払いがあるので、二枚もちになる人が多いと思います。